松本ブルワリー タップルーム:中町通りで美味しいクラフトビールと素敵な笑顔があふれるビアバーを発見した




社員旅行で長野県松本を訪れました。

現地で美味しいクラフトビールを飲めるお店はないのか。

事前にググると気になる名前を発見。それが「松本ブルワリー」でした。

松本ブルワリー
http://matsu-brew.com/

スポンサーリンク


まずは松本ブルワリーさんをご紹介


松本ブルワリーさんのサイトを見るとこのような紹介文が。

「クラフトビールの天国…信州」
新たに松本にブルワリーが誕生しました。
雄大なアルプスと400年余の時を刻む松本城に見守られてきた街。
そこには、世界に誇る音色が響き、街を愛する人々が自然と歴史そして、文化の中で生活してきました。
…そんな街に唯一無かったのが、ブルワリーでした。
私たちは、高品質なビール造りを通してこの地域の素晴らしさを、 楽しくお伝えしていきたいと考えています。


素晴らしいコンセプト。これは実際に行ってみるしかない。

というわけで、中町通りにある「松本ブルワリー タップルーム」を行くことに。

中町通りをぶらり歩くと看板を発見





古風な景色をぶらぶら歩いてると発見しました。

気になる看板を。それが記事冒頭の写真です。

お店の見た目はとても地味(いい意味ですよ)。




営業時間は13:00~19:00ですね(先走って12:50に到着)。




お店の前で待っていると店員さんが中に入れてくれました。

店内には美しいタップがズラリ


お店は1階と2階に分かれていて、1階はスタンディング、2階はテーブル席です。

今回は1階でこの美しいタップを見ながらビールをいただきます。

ビールはオリジナルビールが2種類、ゲストビールが3種類でした。

もちろん、ゲストビールも長野県のもの。




壁にはオリジナルビールの説明書き。全部飲んでみたい。ボトルビールなら飲めるみたいです。




店内がとてもおしゃれでいい雰囲気。

棚に並んでいるカラフルなボトルが松本ブルワリーオリジナルのもの。





アーティザンセゾンが超美味しい!


お待たせしました。ビールの紹介。

まずはオリジナルのアーティザンセゾンです。

「Far Yeast Brewing」とのコラボ。名前の通りセゾンです。

セゾンらしい爽やかな飲み心地。適度な苦味があってガブガブ飲めます。




次は「オラホビール」の雷電カンヌキIPA。

雷電は男塾メンバーの雷電ではなく、勝率9割を誇る最強の力士「雷電為右衛門」です。

柑橘系のパッションフルーツ?グレープフルーツっぽい香りが印象的。これも美味しい。





かわいいグッズももちろんゲット





そして、気になったのがこのTシャツ。かわいくて思わず購入しちゃいました。

他にもオリジナルグラスやトートバック、バッジ、ステッカーなどあります。





また訪れたい、行きつけにしたい素敵なお店





カウンターで飲んでいると常連さんらしきふたりのお客さんと何気ない会話が。

松本にあるサッカーチーム「松本山雅FC」のサポーターの方だったようで、ビールの話はもちろん、サッカーの話など大いに盛り上がりました。

お店の方もお客さんも我々をもてなしてくれて、こんなお店が近所にあったらと何度も繰り返し発言してしまうぐらい。本気で松本に移住したいと思いました(笑)

ということで、短い滞在でしたが、今回の旅最高の盛り上がり。

また絶対に来たいと思います。ごちそうさまでした。

お店の情報


関連ランキング:ビアバー | 松本駅



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク