【読書感想文】たとえどんな結末であっても家族に待ち受ける現実は厳しい:「望み」雫井 脩介




我が家には高校生の男の子がいる。素直で優しい男の子と自分は思っている。

そうはいっても成長するに連れて、子どもには親の知らない交友関係や出来事が増えてくる。

あなたは自分の子どもの交友関係を知っているだろうか。
もし自分の子どもと連絡が取れない場合、誰に連絡を取るのだろうか。

もし自分の子どもが事件に巻き込まれたとしたら、あなたはその現実とどのように向き合うのだろうか。

この作品は私のような立場の親であれば、決して他人事とは思えない現実が描かれている。


スポンサーリンク


内容紹介:amazonより


東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。
二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。
規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。
そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。
心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。
行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。


我が子は事件の加害者なのか、それとも被害者なのか。


内容紹介にある通り、事件を知った両親は息子に何度も連絡を試みるが、全く連絡がつかない。

息子の友人関係もそれほど把握していない。手がかりはほとんどなく、捜索願を出した警察すらあてにならない。次第にネットには嘘か本当かわからないような情報が広まっていく。

やがて両親は思う。自分の息子は犯人なのか、それとも被害者として既に殺されているのか。

父は無実を望む。それはつまり被害者であることを。

母は生きていることを望む。それはつまり加害者であることを。


当事者となった両親の葛藤はどちらも否定できない。


もし、自分の子どもが事件の加害者であったとしたら。
しかもそれが人を殺めるような事件の加害者だとしたら。

加害者の親となった家族。そこに待ち受けるのは一生償いを続け、仕事や社会的立場を失うこと。
建築デザイナーの父は取引先からも仕事を拒否され、絶望的な高校受験を控えた娘も自身の将来に絶望する。

それでも息子には生きていて欲しい。何があっても一生償い続ける。
母は自分が一家を支えるのだとこんな状況ですら仕事を手放すことすらしない。

もし自分の子どもが事件の被害者であったとしたら。
しかもそれが殺人事件の被害者だとしたら。

家族はどん底に突き落とされるが、社会的に抹殺されるわけではない。亡くなった子どもは二度と帰ってこないが、未来にはまだ光がある。


とにかく胸が苦しくなる作品。


一人ひとりの心理描写が丁寧に描かれ、犯罪加害者、被害者の心理もまるで自分がその立場に置かれたかのようにリアルに感じる。

もしあなたが同じ立場に置かれたらどのように考え、行動するのだろうか。あの時こうしていればと自分を責め続けるのだろうか。そして、最後に何を望むのだろうか。

どのような結末であってもハッピーエンドとはいえない現実。

両親や妹の苦悩が痛いほど伝わり、親子の関係性や日頃の接し方を考えさせられ、ハラハラドキドキよりは胸が苦しくなる作品だった。

読み進めるのは辛いけれど、子を持つ親にはオススメです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク