【読書感想文】運が悪い、これほどまでに不幸な状況はまずないでしょ:「ハードラック」薬丸岳




主人公は無職の青年。複雑な家庭環境に育った彼は故郷を離れ、派遣の仕事に就く。

しかし、不況など世の中の変化もあって仕事も住む場所も失い、その日暮らしの日雇い生活へ。
そんな最中に知り合った人にも騙され、追い詰められた彼は闇の掲示板にアクセスし、非合法な世界へと足を踏み入れる・・・

という今どきの若者を取り巻く状況をとらえたありがちなミステリーと思いきや、ここから先の展開が面白い。

タイトルにある通り、とにかくハードラック。これほどまでに不幸な状況はなかなかない一気読み必死の作品を紹介しましょう。


スポンサーリンク


内容紹介:amazonより


二五歳にもなって日雇い仕事すら失い、「大きなことをするため」闇の掲示板で四人の仲間を募った仁は、軽井沢で起きた放火殺人の汚名を着せられてしまう。なぜ俺を嵌めた? 信じられるのは誰なんだ? 手探りで真犯人を探す仁、闇世界の住人たち、追う刑事。物語は二転三転し、慟哭の真相へと向かっていく。



殺人の疑いを晴らすことができるのか。そして結末は。


殺人事件の汚名を着せられ、追い詰めれられた彼は真犯人を探すためにあの手この手を使って少しずつ真相にたどり着いていく。

最後まで誰が真犯人なのかはわからない。

登場人物それぞれにさまざまな事情があり、彼らに共感してしまう部分もあったりする。

彼は殺人の疑いを晴らすことができるのか。最後までハラハラドキドキ。

最後に真相が明かされる場面、特に彼が母親との対面を果たした場面は男ならグッとくるものでしょう。

フィクションとはいえ、現実でも起こりそうなリアルな話。

真面目にがんばる人が報われる、そんなことを改めて願う作品でした。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク