[kindle] 今すぐ買いだ!大前研一監修のケーススタディ集が半額以下&20%ポイント還元!

20160528_omae-casestudy1


学生時代の自分に影響を与えた人物は何人かいますが、
その一人が経営コンサルタントでビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)の学長である大前研一氏。

大前研一オフィシャルウェブ[OHMAE&ASSOCIATES GROUP]

彼の「企業参謀」を読んでいなければ、今ごろ私は全く違う人生を歩んでいたはず。

その大前研一氏が監修するBBT大学のケーススタディー集が何とamazon(kindle版)で半額以下&20%ポイント還元で購入できるじゃありませんか。

もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1|書籍|情報を探す|大前研一オフィシャルウェブ[OHMAE&ASSOCIATES GROUP]

私は通勤中に読むことが多いですが、その内容とオススメしたいポイントを紹介しましょう。

スポンサーリンク


リアルタイムの実践的なケーススタディー


20160528_omae-casestudy2


大学やビジネススクールで登場するケーススタディーはたいてい過去の企業や組織が題材になっています。

変化の激しいこのご時世。過去を学ぶことも大事。ただ、やはり今この世の中でどうするべきかを学ぶことも必要。

大前氏もこのように語っています。

“多くのビジネススクールでは、ケーススタディにおいて既に時代遅れとなった問題を扱っている。しかし経営を志す人間にとって、果たしてそのケーススタディは本当に役に立つのか。まだ答えの出ていない、当事者たるリーダーたちが今まさに直面している課題に対し、同じ立場になって考え抜くことを読者のみなさんにも求めたい。”


そして、コンセプトは「もしも、あなたが最高責任者ならばどうするか?」が読者に対する問いかけです。


さまざまな業界、会社のことを知ることができる


20160528_omae-casestudy4


仕事をしていると関わる業界や関心を持つ業界って偏りませんか。

もちろん、自分が関係する業界のことを学ぶ、知ることが最優先ですが、もう少し俯瞰的に広い目で様々な業界や会社を知ることも凝り固まった考え方や発想、視点を変えるためには必要でしょう。

このケーススタディでは身近なユニクロやニトリから、トヨタ紡織といった普段はなかなか触れることがない企業、そして、富山県知事といった公的な立場まで。

自分がその最高責任者の立場になりきってどう考えるか。想像するだけでも面白いんです。

あの企業はどのようにして稼いでいるのか。ビジネスモデルを学ぶ題材としても使えます。


現状把握から解決策の提示までを短時間で考える


20160528_omae-casestudy5


ケーススタディー集なので1冊に8個ぐらいの会社、テーマが含まれています。

これらに対して、大前研一氏が現状把握から課題設定、解決策提示までをデータをもとに分析していきます。

気をつけたいのはこの本を読む姿勢。決して、大前氏が出した答えを学ぶ本ではないんです。

解決策提示に至るプロセスを学び、自分ならばどうするかと繰り返し考える。その結果、大前氏と異なる結論に至ることもあるでしょう。

いいんです、それで。正解なんてないんですから。

こうしたトレーニングを繰り返して自身の分析力を鍛えましょう。


そんなオススメの本が半額以下&20%ポイント還元!


20160528_omae-casestudy3


2016年5月28日現在、kindleでポイント還元セールが行われています。

その流れなのか、このケーススタディ集も大幅に値下げ中。しかも、20%ポイント還元なんてオトクすぎるじゃありませんか。

最新版のVol.4なんて389円+20%ポイント還元ですから(通常価格は1,280円ぐらいのはず)。

もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1(大前研一監修/シリーズ総集編) 648円(59%オフ+20%ポイント還元)
もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.2(大前研一監修/シリーズ総集編)648円(67%オフ+20%ポイント還元)
もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.3(大前研一監修/シリーズ総集編)648円(59%オフ+20%ポイント還元)
もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.4(大前研一監修/シリーズ総集編)389円(20%ポイント還元)

すぐに読まなくても良いと思うので、とりあえず安く買えるうちに手に入れておいた方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク