[京橋] もっと早く食べればよかった!混ぜて食べて味も変えて最後まで飽きずに楽しめる「油そば ぶらぶら」



ラーメンもそばも大好きな私。

なぜかこれまで「油そば」というものを食べたことがありませんでした。

昼休みに京橋駅周辺をぶらぶらしていると、目に入ったのが「油そば」の文字。

これも何かの縁。早速油そばを初体験してみることにしました。

お店の名前は「油そば ぶらぶら」さんです。

油そば専門店 ぶらぶら | TOPページ



スポンサーリンク

大盛り無料で人気No.1!


空腹時の「大盛り無料」ほど魅力的な言葉はありません。

しかも全国ランキングも1位を獲得した評判のお店。どこの人気口コミサイトかわかりませんが。



看板に書かれた「一度食べたらやめられない」のメッセージに期待が高まります。




食べ方にもルールがある油そば


今回は初めてということでノーマルの油そばをオーダー。もちろん、大盛りで。

テーブルには油そばの食べ方の説明がありました。



まずはそのまま。
次はニンニクを入れて。
〆は鷄スープを入れて。

味を変えて最後まで楽しめる。これが油そばの魅力なんでしょう。

トッピングや鷄スープのポットも常備されています。




さぁ、油そばを体験しよう


下半身をぶらぶらさせながら待つこと数分。やってきました。油そば。



店員さんが「よく混ぜてからお召し上がりくださいね」と教えてくれました。

ならば混ぜましょう。アブラカタブラの掛け声とともに。

色気のない麺一本一本に油が輝きを与えてくれました。ツヤツヤ。



さぁ、実食です。

美味い!美味い!

太めの麺に濃いめの味が見事に絡まっています。思ったよりも油っぽさはありませんでした。

まわりに焦げ目がついたチャーシューも香ばしい。



特製一味唐辛子を加えてかきこみます。いい塩梅の辛さです。



そして麺を食べ終わるとこの状態。ここに鷄スープを投入。



両手で器を持ち、ゴクゴクとスープを飲み干す。

なるほど。見事に計算された料理です。油そばは。

今まで食べなかったことを後悔してます。これからは定期的に通うこと間違いなし。

油そばって東京が発祥の地なんですね。しかも武蔵境にある珍々亭さんが1958年から始めたんだとか。

珍々亭にぶらぶら。他にも気になるお店がたくさんあるので新規開拓もしてみよう。

【都内】東京名物『油そば』 おいしい油そば屋さん!! – NAVER まとめ


ごちそうさまでした。


お店の情報


関連ランキング:ラーメン | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク