これで財布の小銭もスッキリ!ダイソーグッズを使って小銭の断捨離を始めてみた

20151018kozeni_seiri1

私には1円玉・5円玉・10円玉は財布に入れたくないという妙なこだわりがあります。

お釣りをもらった時も近くに募金箱があれば入れてしまうことも。

基本は帰宅後、それらの硬貨を貯金箱に入れる。たまったら銀行へまとめて入金。

そんなことを長年続けていました。

ただ、なんか「ゴチャゴチャしていて嫌だなぁ」という不満と「これ、いくら分あるかわかんないなぁ」という疑問が常に頭のなかにありました。

そんな時に出会ったのがダイソーのコインケース。1個108円の投資で私の悩みがスッキリ解決したんです。

スポンサーリンク


貯金箱はあくまで貯めるだけのもの


今までは郵便局でもらったポスト型の貯金箱に小銭を貯めていました。

20151018kozeni_seiri2

単に小銭の一次置き場だったので別に問題はなし。

ただ、ゴチャゴチャしてるし、小銭とはいえいくらあるかわからないというのは私のように器の小さい男は気にしてしまうのです。


必要な硬貨の分だけ買えるのは便利


そんな私の悩みを解決してくれたのがダイソーの「サッと取り出せるコインケース」

20151018kozeni_seiri3

コインケースというアイデアは以前にも考えたことがあるんですが、その時はお店などで使う硬貨全種類のケースしか見つからなかったんです。それだと過剰スペック。

必要な硬貨の分だけ買えるこのグッズは私のニーズにピッタリです。

20151018kozeni_seiri4

早速ケースに小銭を入れてみよう


まずは貯金箱の小銭をばらまきます。硬貨の山。一気に金持ちになった気分。これもアベノミクス効果でしょうか。

20151018kozeni_seiri5

コインケースを取り出します。1ケースあたり50枚。合計金額もわかるので九九が苦手な私でも大丈夫。

20151018kozeni_seiri6

小銭を入れ終わりました。貯金箱のゴチャゴチャ感とは違い、整理整頓されています。

20151018kozeni_seiri7

計算すると合計で827円でした。うまい棒が82本も買えます。セレブ気分。

20151018kozeni_seiri9

今までは貯金箱を持って銀行へ行っていましたが、持ち歩きも便利。

2ケースいっぱいになったら銀行へ行くといったルールにしておけばタイミングもわかりやすい。

合計でわずか324円の投資でしたが、気持ちも財布もスッキリしました。

50円・100円・500円もサクッと財布から取り出してしまう。

いずれはそんな男になりたいものです。

ダイソー|ダイソーホームページ




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク