簡単で美味しい!リンガーハットの冷凍皿うどんを食べてみた


時々無性に食べたくなる長崎名物の「皿うどん」。

材料を買って家で作るか、リンガーハットで食べるのが基本でしょう。

実はリンガーハットには自宅で手軽に食べられる冷凍バージョンがあります。

果たして手軽にできるのか、お店の味を再現しているのか、試してみましょう。


スポンサーリンク

お値段は税込440円


店頭で見かけたことがある人もいるでしょう。

お値段は税込440円です。


ちなみにお店で食べられる標準の皿うどんは税込626円。量は小さめサイズのスナック皿うどんと同じぐらいでしょうか。

冷凍でもレンジでチンとはいかない


作り方は簡単。でも、調理が必要です。

麺をお皿に置きます。


具を鍋に入れ、水を220ml投入。加熱し、具がいい感じにほぐれるのを待ちます。


ほぐれたら火を止めてスープの素を投入。もう一度火をつけ、よく混ぜ、とろみがついたらオッケー。

麺にぶっかけて皿うどんの完成です。


うん、美味しい。野菜のシャキシャキ感はあまりないですが、麺はパリパリ。これはリンガーハットの味です。

冷凍バージョンにはちゃんぽん、チャーハン、ギョウザもあります。

はっきり言って近くにリンガーハットがある方はお店で食べるのがベストですが、冷凍庫にストックしておくと気軽に食べられていい感じです。

やっぱりちゃんぽんよりも皿うどん派だなぁ。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク