[外苑前] え、これお肉じゃないの?ベジタリアンが喜ぶ自然派インド料理「ナタラジ 南青山店」



昨日のブログで国立競技場で行われる予定だったポール・マッカートニーのコンサートの模様をお伝えしました。

[悲報] ポール・マッカートニーのコンサート休止!肩を落として帰宅した私が言いたいわがままな要望


始まる前はテンション高かったんです。

そんな浮かれ気分でコンサートに向けて気合を入れるかと飛び込んだのが今回紹介するインド料理「ナタラジ」さん。

自然派の看板。これはどういうことなのか。

え、ホントに?という体験をしたので紹介しましょう。

自然派インド料理ナタラジ 日本語トップ



スポンサーリンク

場所は外苑前駅と青山一丁目駅の中間ぐらい




国道246沿い、地下一階にあります。東京メトロ銀座線の外苑前駅、青山一丁目駅どちらからでも歩ける距離です。


ランチはナンもライスも両方選べる




ランチセットはカレー、サラダ、ナンorライス、ドリンクがついて税込1,230円。

場所を考えると妥当な価格でしょうか。平日はビュッフェスタイルになっているようです。

ナンorライスとナンとハーフのターメリックライス両方選ぶことも可能。

ナン大好きだけど、ライスもちょっと食べたいという方にはありがたいサービスです。


カレーのメニューが普通とはちょっと違う?




私はインドカレーのお店に来るとほぼ毎回バターチキンカレーを頼みます。

しかし、こちらのお店には大好きなバターチキンの文字が全くない。ランチメニューはもちろん、定番メニューにもです。



ないものは仕方ない。

ランチメニューから「ナタラジカレー」をオーダー。

実はメニューにない理由はあとで気付きました(遅い)。


え、お肉?いやお肉じゃないの?


まずはサラダです。



続いてドリンク。ラッシーらしい。



そして、ナタラジカレーのセットが到着しました。



ナタラジカレーをアップにしてみましょう。香りがいい感じです。



さぁ、実食です。

あれ、この塊はなんだ。お肉だよね。いや、なんか違うぞ…



そう、実はこれ、お肉じゃないんです。グルテンなんです。このお店のカレーは野菜や豆類などの自然派食材だけで作っているのが特徴なんです。

グルテン (gluten) は、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。引用元:グルテン – Wikipedia

正直な感想を言うと、何も知らずに食べたらわかりません。普通の牛肉と思ってしまうはず。

食感、弾力、見た目もカレーがかかっているので判別つかず。

メニューにあった「肉の食感大豆グルテン入りスパイシーカレー」のキャッチコピーは嘘じゃありませんでした。

宗教的な理由などで肉を食べられない方が考え出した料理なのでしょうか。

人間の知恵って素晴らしい。いや、単純に食欲なのかな笑

銀座や荻窪にも系列店があるようです。

ぜひ一度お試しください!

このお店、本も出してるみたいですよ。



お店の情報


関連ランキング:インドカレー | 外苑前駅青山一丁目駅乃木坂駅






スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク