[有楽町] 何それ気になる!フルーツ屋さんが作ったフルーツカレーを食べられるおしゃれなBAR「SAPPHIRE by RAGE(サファイヤバイレイジ)」



平日の真っ昼間、有楽町界隈を散策していると何やら気になる看板を発見。

フルーツ屋さんのフルーツカレー

どんなカレーなんだろう。680円なら失敗してもいいかと店内に潜入することにした。

先に結論をいうと、まさにフルーツならではの美味しさだった。早速紹介しよう。

SAPPHIRE by RAGE (サファイヤ バイレイジ)[食べログ]



スポンサーリンク


フルーツ屋さんといってもその正体はおしゃれなバー


フルーツ屋さんというと商店街にある八百屋さんのようなお店を想像してしまうが、見た目はごく普通のおしゃれなバー。



ただ、店頭にはフルーツが並んでいる。メニューを見る限りゴージャスな雰囲気が漂う。



店内に入るとやはりおしゃれなバーだ。



このお店はイギリスで誕生した「ボンベイ・サファイア」というジンを楽しめるのが特徴。

Wikipediaによるとこのようなものらしい。

ボンベイ・サファイア (Bombay Sapphire) とはバカルディ社の子会社ボンベイ・スピリッツ社がイングランドのチェシャー州で製造しているジンのブランド名である。1987年から発売されている。製品の流通はバカルディ社が行っている。

引用元:ボンベイ・サファイア – Wikipedia




ランチはサラダやスープも付いて680円とコスパ高し


さて、本題のフルーツカレーに移ろう。

冒頭の写真にもある通りランチは680円。サラダとスープ、ドリンクも付いてこのお値段は立地を考えれば安い方だろう。

この他に日替わりメニューもあるようだ。



コンソメベースのスープとサラダ。



フルーツ屋さんのフルーツカレーが運ばれてきた。



フルーツがゴロゴロ入っているのかと思いきや、見た目は普通のカレー。やや黄色い感じがするのはフルーツの影響だろうか。



具はほとんど入っていないシンプルなカレー。味は甘口。甘いといってもフルーツらしい酸味の効いた甘さだ。

胃にもやさしい感じでサラサラと食べられる。これならカレーは飲み物と言ってもおかしくはない。



夜のバータイムも気になるが、おしゃれな雰囲気で楽しめるコスパの高いランチはリピートしたくなる。

女性客が多いのも納得だ。

フルーツカレーは男性にはやや少なめの量なので、プラス100円で大盛りにして方が良いだろう。

いつもと違ったカレーが食べたい、二日酔いであまり食欲がない、そんな方にフルーツカレーをオススメしたい。


お店の情報


関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク