ちょっと笑いすぎてお腹痛いんですけど!!電車でよく見るあの「深見東州」はギャグの天才だった!

20131222fukamitoshu-gyagu1
あなたは電車の中でこの男性の広告を見たことはないだろうか。

その名は「深見東州」

書籍「強運」は158万部を突破。広告のコンセプトがよくわからない予備校「みすず学苑」の経営にも関わっている人物だ。

その正体は何者なのか。実は誰もが腹を抱えて笑い出すギャグの天才だったのだ。

深見東州 – Wikipedia



スポンサーリンク


経歴を見る限りマルチな才能で社会貢献を続ける超偉人


20131222fukamitoshu-gyagu2

Wikipediaから深見東州氏の経歴を紹介しよう。

深見 東州(ふかみ とうしゅう、本名:半田晴久(はんだはるひさ)1951年3月18日 – )は会社経営者、宗教家、福祉活動家。アーティスト、芸術家、評論家、歌手、オペラ歌手、画家、書家、能楽師としても活動している。


実に多才。これほどまでに多才な日本人はかつていただろうか。

ただし、これだけではない。


その正体はチャップリンと並ぶギャグの天才


20131222fukamitoshu-gyagu3

もうひとつWikipediaの説明を紹介しよう。

劇団活動や小説家、詩人として作家活動を行う際は、戸渡阿見(ととあみ)というペンネームを使用している。これまでに、ギャグ作品集を4作、ギャグ写真集を1作、ギャグDVD『ギャグ300連発』『ギャグ600連発』『ギャグ888連発』3作品をリリース。2010年3月18日より「戸渡阿見」「レオナルドTOSHU」のTwitterでほぼ毎日ギャグをつぶやいている


戸渡阿見?

レオナルドTOSHU?

なんだそれは?

早速ググって見るとインターネット黎明期を思わせるホームページを発見した。

戸渡阿見ギャグホームページ




ヤバい、これ。笑いすぎてお腹痛い


20131222fukamitoshu-gyagu4

この記事を書きながら思い出すだけで顔がニヤけてくる。

もう死ぬほど笑いたいという方は「戸渡阿見ギャグホームページ」を見て頂きたい。

参考までに一部のギャグを紹介しよう。笑いすぎてお腹痛くなっても責任はとれないのでご注意を。

戸渡阿見一発ギャグシリーズより

・ニューヨークにキングこんぶ現る
・お先枕の人生
・炎上交際


アカン。お腹痛い。

ご教訓ギャグより

戸渡阿見 「あれ、何か音が聞こえるなあ」
スタッフ 「あ、館内放送ですね」
戸渡阿見 「へえ、そうかなあ。どうだかわかんない放送だよ……」


アカン。お腹痛い。

2014年は笑って過ごしたい。

今からこのネタを暗記しておけば、家族も友人も職場も笑いに包まれること間違いなし。

2014年はきっと素晴らしい1年になるはずだ。

戸渡阿見ギャグホームページ





スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク