[銀座] 立ち食い蕎麦とインドカレーの見事なコラボ!斬新なメニューも提供する「よもだそば 銀座店」



銀座といえば高級ブティックやイタリアンが並ぶセレブな街。

そんな街にも独自路線を貫く立ち食い蕎麦屋さんがある。

その名は「よもだそば」

なんだか気になるこの名前。お店の紹介と合わせてその謎に迫ってみよう。

銀座と日本橋の生そばと本格インドカレーはよもだそばへ!





スポンサーリンク

この名前は私の生き様と一緒だ




よもだとは何だろうか。

公式サイトに説明があった。

『よもだ』とは、愛媛県松山地方の方言(伊予弁)で、「いいかげん」「ふざけている」「ぬけている」「だらしない」「悪ふざけ」というような意味で使われる事が多いのですが、実は親しみを込めて「しょうがないねぇ」「なんだか憎めない」という苦笑いのユーモアを交えて愛されている言葉なのです。標準語では表せないニュアンスです。


私の生き様を表す言葉だった。

しょうがないねぇと言われる男になりなさいと育てられた私は、よも男子といってもおかしくない男である。

全日本いいかげん協会の一員としては、この店で食べなきゃ気が済まない。



食券システムは至って真面目だが


入店したら食券を買おう。ごく普通の機械、おつりもちゃんとでてきた。よもいでない。



メニューは豊富。



汁には化学調味料は使わず、水にもこだわりが。真面目じゃないか。よもいでない。



だがしかし、おかしなものを見つけた。

ケールのお浸しそばだと。美味しいのだろうか。まずかったらけぇるぞなんて言えるのだろうか。



他にも一風変わったメニューが。岩下の新生姜天そば。しょうがないとか言いつつも、しょうがあるじゃないか。






ボリューム満点のかき揚げに本格インドカレー


さて、前置きが長かったが、私が気になっていたのは特大かき揚げとインドカレー。

セットで注文してみた。カレーはハーフサイズ。600円だった。

まず特大かき揚げはなんと国産の玉ねぎを丸ごと一個使っているらしい。詳しくはこちら。

特大かき揚げ | 銀座と日本橋の生そばと本格インドカレーはよもだそばへ!


カレーもこだわりがある。自慢のかけつゆをベースにしたスパイシーなカレー。詳しくはこちら。

まさかの絶品インドカレーは中央区銀座と日本橋の「よもだそば」で!



できあがりはこちら。



かき揚げが厚みが凄い。サクサクで玉ねぎの甘みをこれでもかと味わえる。



もちろん、蕎麦も美味い。



カレーは確かにスパイシー。

でも、隣にいた辛いものは苦手と言っていたサラリーマンも美味しくて食べちゃうと完食していた。女々しいこと言いつつ、とんだよもだ野郎だ。



よもだといいつつ、蕎麦にもつゆにも揚げ物にもカレーにもこだわりを見せるこのお店。

メニューを見る限り、遊び心もある。

ただのいいかげんなお店ではないよもだそば。

私もそんな男になりたいものだ。


お店の情報


【よもだそば 銀座店】 TEL. 03-3566-0010
【営業時間】
銀座:7:00~22:30 年中無休
東京メトロ(丸の内線、日比谷線、銀座線)
銀座駅 C8出口より徒歩1分
JR有楽町駅 中央口より 徒歩5分
〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-2 銀座白亜ビル1F

アクセスマップ | 銀座と日本橋の生そばと本格インドカレーはよもだそばへ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク