[断捨離] 3つの理由で何となく続けていた新聞の定期購読をやめてスッキリした

20130903newspaper-cancel-done5

つい先日、新聞の定期購読をやめた。スッキリした。

私が定期購読をやめた理由は3つ。

もし何となく惰性で続けている方は、これを機に見直しを検討してみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク


そもそも読まない


20130903newspaper-cancel-done2

どちらかといえば、以前は新聞をよく読む方だった。

社会人になってからは読売新聞、日経新聞、日経MJなど3紙を読んでいた時期もある。

しかし、ここ最近はコボちゃんを見るぐらい。

郵便ポストから取り出し、そのまま古紙として処分することも多くなっていた。

実に無駄である。

今はPCやスマホなど新聞以外にも情報を得るための手段がある。

そんな流れを反映してか、昨年の新聞発行部数が前年から57万部も減少したというニュース記事もあった。

止まらない新聞購読者減少に電子チラシは有効か? (エコノミックニュース) – Yahoo!ニュース


お金ももったいない


20130903newspaper-cancel-done3

私が購読していた読売新聞は朝・夕刊セットで税込3,925円。

年間にすると47,100円。

スマホの通信料や出会い系サイトへの支払いで出費が増えている中、見逃せない支出のひとつだった。

確かに新聞記事やチラシなどから有益な情報を得ることはできる。その対価としては決して高くない金額だ。

ただし、読まないとしたら全く価値のない支出になる。


何より捨てるのが面倒くさい


20130903newspaper-cancel-done4

実はいちばんの理由は捨てる手間。

我が家の場合、新聞は古紙としてひもなどでまとめ、マンション指定の場所に出す必要がある。

これが地味に面倒なのだ。

だいたい月に一回、この古新聞の処理をする時に「なんだかなぁ」と阿藤快さんのようなボヤキを漏らしていた。

そして、ついに解約を決断することにした。


解約するならまずは電話連絡


20130903newspaper-cancel-done6

私の場合、読売新聞の窓口に電話をし、地域の販売店の電話番号を案内され、電話で解約の手続きを済ませた。

解約に伴うトラブルもよく聞かれるので、まずは窓口経由のやり取りにした方が良いと思う。

消費者保護 – Yahoo!ニュース

こちらに主な新聞社の連絡先を挙げておく。

読売新聞
0120-4343-81(平日午前9時~午後9時)

朝日新聞
0120-33-0843(午前7時~午後9時)

日経新聞
0120-24-2146(午前7時~午後9時)

東スポ
03-3820-0811(午前9時~午後8時)


必要ないかもと思ったらすぐ動く


20130903newspaper-cancel-done7

新聞自体の価値を否定するつもりはないが、私は3つの理由で必要なしと判断し、解約した。

おかげで気持ちも身の回りもスッキリした。

新聞に限らず、必要ないかもと思ったものは見直しに動くべきだ。後回しにしても無駄な時間やお金を費やすだけ。

そのことで確保した時間やお金をもっと楽しいこと、有意義なことに使った方がずっと良い。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク