茅ヶ崎公演記念 サザンの曲カラオケ人気ランキングベスト5 ※ライブビューイングの情報もあり

slooProImg_20130707112419.jpg

本日8/31(土)と9/1(日)にサザンオールスターズの聖地「茅ヶ崎」の地でライブが行われる。

チケットを手に入れたファンは眠れない夜を過ごしたかもしれない。

そこで茅ヶ崎公演を記念してサザンの曲人気カラオケベスト5を紹介しよう(ランキングは第一興商 通信カラオケDAMより)。

サザンファンはもちろん、ファンの方以外でもこの曲は好きという名曲ばかりのランキングだ。

サザンオールスターズ | sas-fan.net



スポンサーリンク


第5位:LOVE AFFAIR ~ 秘密のデート


1998年に発表された41枚目のシングル。

「LOVE AFFAIR」という言葉は「不倫」を意味するもの。家族と不倫相手との葛藤で苦しむ男心を表現した曲で、東野圭吾さんの作品「夜明けの街で」はこの曲にインスピレーションを受けて書いたと語っている。

LOVE AFFAIR 〜秘密のデート – Wikipedia




第4位:涙のキッス


1992年に発表された31枚目のシングル。

佐野史郎と賀来千香子が共演し、冬彦さん現象を巻き起こしたテレビドラマ「ずっとあなたが好きだった」の主題歌。

この曲がサザン初のミリオンセラー作品というのは意外。

涙のキッス – Wikipedia

サザンオールスターズが歌う動画は見つからなかったので、EXILEのATSUSHIが歌う「涙のキッス」。これはこれで良いと感じた。





第3位:いとしのエリー


誰もが知っているこの曲は1979年に発表された3枚目のシングル。

ドラマの主題歌といえばやはりこの曲だろう。「ふぞろいの林檎たち」で「エーリー」という言葉が何度流れたことか。

おじさんたちとカラオケに行った時はこれを歌うとハズレがない。

いとしのエリー – Wikipedia




第2位:真夏の果実


1990年に発表された28枚目のシングル。

ファンの中でも黒歴史とされる映画「稲村ジェーン」主題歌。映画の評価は別として、この曲の「四六時中も好きと言って、夢の中へ連れて行って」のサビ部分を聴くと様々な思い出が蘇る人も多いだろう。

真夏の果実 – Wikipedia

こちらもEXILEバージョン。




第1位:TSUNAMI


第1位はやはりこの曲。2000年に発表された44枚目のシングル。

ウッチャンナンチャンの「未来日記」のテーマソングとして書き下ろされ、その後、爆発的な大ヒット。300万枚以上を売り上げ、サザン最大のヒット曲となった。

東日本大震災を受けてこの曲の放送が自粛されたが、次第にこの曲をかけるべきだという動きが強まり、桑田佳祐自身も

「いつか(東日本大震災の)悲しみの記憶が薄れてこの曲を歌ってくれという声があれば、復興の象徴として歌える日がきたらいいと思っている」「空気を読んだわけではないが、被災された方や遺族の中にはファンもいたからこの曲を歌うモチベーションにはつながらなかった」


というコメントを出している。

TSUNAMI – Wikipedia




【番外編】私が選ぶ第1位:マンピーのGスポット


1995年に発表された35枚目のシングル。

カラオケはいい曲ばかりを歌う場ではない。盛り上がる曲を選ぶならこれしかないだろう。

ミュージックステーションでタモリから曲名の由来を聞かれ、桑田さんが

「マンピーのマンは萬田久子のマン。ピーと言えば泉谷しげる」


と発言した時、テレビの前で大笑いした記憶がある(笑)。

マンピーのG★SPOT – Wikipedia




茅ヶ崎公演はライブビューイングもある


20130707sas-jinja-chigasaki1

茅ヶ崎公演のチケットは完売。でも、諦めるのはまだ早い。

残席はわずかではあるが、全国各地の映画館でライブビューイングが予定されている。

何としてでもライブが観たいというあなたは今すぐ近くの映画館をチェックして頂きたい。

Live Viewing Japan



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク