丸の内初の樽生クラフトビール!1杯500円から楽しめる「ピーシーエム パブ カーディナル 丸の内店」

20130814marunouchi-pcmpub1

知らなかった。今まで丸の内に樽生クラフトビールを扱う店がなかったなんて。

その「丸の内初」を大々的に宣言するお店が「ピーシーエム パブ カーディナル 丸の内店」だ。

東京駅から徒歩5分。クラフトビールが1杯500円から楽しめる。

丸の内らしいちょっと上品でおしゃなれ雰囲気がデートにもってこいのお店である。

P.C.M. パブ・カーディナル・マルノウチ



スポンサーリンク


東京駅から徒歩5分!目印は東京ビルTOKIA!


20130814marunouchi-pcmpub3

東京で長いこと仕事をしていながらいまだに東京駅と丸の内の位置関係がよくわからない。

お店は東京ビルTOKIAの1階。はとバス乗り場がある東京駅の丸の内口から行くとわかりやすい。

20130814marunouchi-pcmpub2

こちらがお店の入口。

20130814marunouchi-pcmpub4

入口の隣には開放的なテラス席がある。

20130814marunouchi-pcmpub5

店内だとチャージ料500円を取られてしまう。一人で飲むにはテラス席がオススメだ。


1杯500円から!ハッピーアワーがオトク!


20130814marunouchi-pcmpub6

平日16時から20時まではハッピーアワーで500円から飲むことができる。ワンコイン亭主には嬉しいサービスだ。

20130814marunouchi-pcmpub7

とはいえ、どうせだったら珍しいビールが飲みたいということで、鮮やかなブルーがまぶしい「城端麦酒グレートブルー」を注文。

20130814marunouchi-pcmpub8


本当に色鮮やか!この遊び心が少年時代を思い出させる!


20130814marunouchi-pcmpub9

つまみは自家製スモークナッツ。10食限定ということで10食注文しようと思ったが、ワンコイン亭主にそんな余裕はない。

この他にも魅力的なつまみがずらりと並んでいる。

20130814marunouchi-pcmpub10

そして、こちらが先ほどオーダーした「城端麦酒グレートブルー」。富山のお酒だ。

20130814marunouchi-pcmpub11

ブルーというよりグリーンに近い。レモン果汁を豊富に使っているだけあってサッパリと飲みやすい。

この色にも作り手の遊び心が伝わってくる。まるで子供の頃に駄菓子屋で怪しいサイダーを飲むかのようなドキドキ感。

この他にも城端麦酒ブランドのビールはいろいろあるようだ。

城端麦酒[じょうはなビール]



今回は1杯だけしか飲まなかったが、値段といい、雰囲気といい実に魅力的。

開放的なテラスで飲むのもよし、店内のカジュアルなスタンディングゾーンやラウンジゾーンで飲むのも良いだろう。

仕事帰りにふらりと寄りたくなる。そんなお店が丸の内に登場したことが実に嬉しい。オススメだ。


お店の情報


関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 二重橋前駅東京駅有楽町駅




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク