[有楽町] にんにく控えめがランチには嬉しい!とろろも付いたコスパの高い餃子定食「浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ)」



スタミナとパワーをつけるために昼間から餃子が食べたい。

ただ、気になるのはにんにくの臭い。

でも心配は無用。有楽町にはにんにく控えめで抜群に美味しい餃子定食がある。コスパも高い。

有楽町駅から徒歩5分圏内にある「浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ) 有楽町店」だ。

餃子専門店 餃々[ チャオチャオ ] ~浪花ひとくち餃子~



スポンサーリンク


にんにくは控えめ、にんにくなしの定食も選べる




看板メニューはにんにく控えめのチャオチャオ餃子。

写真では見づらいが、にんにくなしの海老餃子や生姜餃子定食もある。



平日20時までは生中が290円。餃子をつまみにビールをあおる。最高の贅沢だ。




ランチメニューはバランスも良くボリューム満点




今回は看板メニューのチャオチャオ餃子とろろ定食を注文。まずはサラダ、スープ、漬け物、とろろが登場。

スープはお代わり自由。熱々の状態で出てくるので要注意。サラダもボリューム満点だ。



チャオチャオ餃子は2種類のタレでいただく




板のような状態が印象的なチャオチャオ餃子。



酢醤油と味噌だれの2種類の味が楽しめる。



チャオチャオ餃子を解体するとこのような状態に。小さめのサイズなので女性の方にも食べやすい。




十五穀米にとろろをかけると旨さ倍増




ご飯は白米と十五穀米から選ぶことができる。お代わりも自由だ。

とろろを十五穀米にかける。

なんだろう、この満足感。とろろがあるだけでこんなにもご飯が美味しくなるなんて。



スープもご飯もお代わりをしてお腹はパンパン。

食後、加齢臭は別としてにんにくの臭いは全く気にならなかった。

ボリュームも満点。

有楽町は行かないという方も都内は新宿や恵比寿、荻窪などに出店している。

男性はもちろん、餃子好きの女性にもオススメしたい駅近の名店である。


お店の情報


関連ランキング:餃子 | 日比谷駅


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク