[iPhone] ログインの手間を省略!SafariにユーザIDやパスワードを保存する方法



あなたはよく見るサイトのユーザIDやパスワードをすべて覚えているだろうか。毎回毎回入力するのが面倒だと感じることはないだろうか。

パソコンの場合、ブラウザに情報を保存し、毎回入力せずに済むよう設定している方も多いだろう。

iPhoneのSafariにも同じ機能がある。

初期設定では無効になっているが、活用すれば面倒なログイン時の入力を省略することができる便利な機能だ。

スポンサーリンク

設定メニューからこの項目を変更するだけ


設定→Safari→自動入力の順に進んでいこう。



ここで「ユーザ名とパスワード」をオンにする。設定はこれだけだ。




先ほどはオフになっていた自動入力の項目が「ユーザ名とパスワード」に変わっているのがわかる。



このサイトもあのサイトも入力が不要になる


さて、設定が完了したら実際にサイトへアクセスしてみよう。

IDとパスワードを入力し、ログインしようとするとパスワードを保存するかどうか確認メッセージが表示される。

保存する場合はもちろん「はい」を選択しよう。ちなみに下の画面はAmazonだ。




同じようにGoogleもこのように確認を求められる。「はい」を選択すれば、次回からはユーザー名ととパスワードが自動的に入力された状態になる。



こちらの某ファンサイトも問題なく保存できる。




ただし保存することの危険性も忘れずに


今回紹介した設定はログインをラクにする便利なものだ。

ただし、Safariのようなブラウザにログイン情報を保存することにはリスクもある。セキュリティ上の欠陥(バグ)などから情報が漏れる可能性があるからだ。

保存すれば確かに便利なのは間違いないが、金融機関やクレジットカードなどの情報を保存しているようなサイトは、やはり面倒でも都度入力する形が安全だと思う。

くれぐれも注意して頂きたい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク