[iPhone] あなたの写真があっという間にアート風に!誰でも使える撮影も加工も万能なアプリ「HelloCamera」

20130621hello-camera-art1

たまにはiPhoneでアート風な写真を撮影してみたい。

いや、加工だけでもいい。手元にある写真をアート風に仕上げてみたい。

そんなエセアーティストの願いを叶えるアプリがあった。「Hello Camera」である。


スポンサーリンク


見た目は実にオシャレなカメラアプリ


まずアイコンが実にカッコイイ。某有名作品のハローを彷彿とさせるデザイン。

20130621hello-camera-art2

アプリを起動してみる。こちらも雰囲気が実に良い。

エセアーティストがモテたいがために使いたくなるポイントをきっちり抑えている。



85円とは思えない充実の撮影&加工機能


このアプリの主な機能は撮影と加工だ。今回は加工機能にスポットを当てて紹介してみよう。

サンプルは某有名モデルの大川竜弥さんにお願いした。はじめまして、よろしくお願いします。



まずは画像を選択するところから始まる。カメラロールに保存した画像から選択しよう。



これが最初の画面。Effects、Crop、Adjust、Frameのメニューで構成されている。



Effectsにはさらに6種類のメニューがある。



Adjustには7種類のメニューがある。このアプリだけで写真の加工は十分だろう。




Effects機能はクセになる面白さ


いよいよ写真をアート風に加工していく。まずはEffectsからPortraitを選択した。

これはB and Wという効果を適用した状態。もみじ饅頭風になる B&Bも欲しいところだ。



次はSceneryにあるElegantを適用した状態。ギャグが滑ったとき、まわりの空気はシーンとなる。



次はArtにあるStamp。モデルの大川さんの良さが全く伝わらない。



次は同じくArtにあるBadge。これは実にアート風。ニューヨークのアトリエに飾られていても違和感はない。



最後はAquarelleという効果。日本語に訳すと「透明水彩画」になる。ここまでくると大川さんである必要性が全くない。



このように充実したEffect機能を活用することで、平凡な写真をあっという間にアート風に仕上げることができる。


料理の写真だってより美味しく仕上がる


この他にも料理の写真に適したFoodというEffectもある。

話題沸騰中「らーめん春友流」のラーメンがこちら。



こちらもEffectを適用することで、より一層美味しいラーメンへと風貌を変えてくれる。




パズル機能もさりげなく面白い


写真を加工するという意味では複数の写真を組み合わせるPuzzle機能も面白い。



最後はFacebookやTwitterにシェアしよう


せっかく加工したアート風の写真。自分だけで楽しむのはもったいない。FacebookやTwitterにシェアしよう。

slooProImg_20130620231618.png

このように写真の加工を楽しむための機能がもりだくさんの「Hello Camera」

今回は説明を省略したが、撮影機能もある。撮影するときにEffectを指定することも可能だ。

85円と手軽に購入できる価格(2013年6月21日現在)。

あれこれ考える前に触って試して満足して頂きたい。大川さん、ありがとうございました。



大川竜弥-無料素材PAKUTASO



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク