削除したはずが勝手に復活?謎の「Twitterアカウントを復活しました」メールが届いた

20130528twitter-fukkatsu1
photo credit: Rosaura Ochoa via photopin cc

Twitterのアカウントを削除したら事件が起きた。

復活も婚活も何もしていないにも関わらず、「Twitterアカウントを復活しました」というタイトルのメールが届いたのだ。

これも今流行っている乗っ取りの一種なのだろうか。原因不明。不気味である。

Twitter乗っ取り大流行、多様な手口と防御法とは?被害に遭ったらどうする? (Business Journal) – Yahoo!ニュース


スポンサーリンク


アカウント削除から2日後に届いた謎のメール


事件のきっかけは使っていないTwitterのアカウントを削除したこと。

5/25(土)に不要なアカウントを削除し、優雅な週末を過ごしていたが、5/27(月) 21:21に突然1通のメールが届いた。

タイトルは「Twitterアカウントを復活しました」となっている。

20130528twitter-fukkatsu2

復活した覚えは全くない。なぜだろう。削除したはずのアカウントが使える状態になっている。

20130528twitter-fukkatsu3

削除しても30日以内なら復活ができる


Twitterのヘルプを見ると、アカウントの削除から30日以内であれば復活することができるようだ。

Twitterヘルプセンター | アカウントを復活する方法

アカウントは退会した日付から30日後に永久的に削除されます。30日経過すると、退会済みアカウントは復活できなくなります。30日経過していない場合、以下の手順をご覧になり、復活の手続きをしてください。


考えられるのは、第三者がこのアカウントのユーザー名またはメールアドレスとパスワードを使って復活の手続きをしたこと。

手続きは簡単。情報さえわかればすぐにできてしまうからだ。

アカウントを復活するにはウェブでtwitter.com/loginにアクセスする (モバイル機器では復活できません)
アカウントのユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力
[ログイン] をクリックすると、アカウントが復活
アカウントが正常に復活した場合、ホームページが表示される。アカウントデータ (ツイート、フォロワー、お気に入りなど) が完全に復活するには数分かかる場合があります。



ツイートの履歴に不審な内容が見つかった


このアカウントは私が非公開でムラムラしたときに使用していたもの。半年以上前から放置状態だった。

そのため全く気にしていなかったのだが、ツイートの履歴を見るとこのように不審な内容が。

これは確実に乗っ取られている。

20130528twitter-fukkatsu4


すぐにパスワードの変更と連携サービスの解除を


このように乗っ取られている可能性が高い場合、まずはパスワードの変更を行おう。

Twitter乗っ取り大流行、多様な手口と防御法とは?被害に遭ったらどうする? (Business Journal) – Yahoo!ニュース

さて、実際に自分のアカウントが乗っ取られてしまった場合に、どうしたらよいだろうか?
まず最初にすべきことは、Twitterのパスワード変更だ。安全性の高いパスワードに変更した上で、おかしなツイートやDMを削除する。もしDMを送ってしまっていたら、送信先にも一言入れておくとよい。さらに連携しているサービスを一度すべて解除しよう。


次に設定メニューの[アプリ連携]の項目から連携しているサービスを解除する。

20130528twitter-fukkatsu5

もう一度アカウントの削除手続きをした


私はこのアカウントを使わないため、もう一度削除手続きをした。

手続きはパソコンの公式サイト(twitter.com)または一般携帯用サイト(twtr.jp)からのみ実行可能だ。

Twitterヘルプセンター | アカウントを削除(退会)する方法

パソコンでの削除方法
Webでtwitter.comにログイン
アカウント設定に進み、ページの下の [アカウントの削除] をクリック
アカウントの削除情報を読みます。[@ユーザー名を削除] をクリック
プロンプトが表示されたら、パスワードを入力し、アカウントを削除する意思を確認

一般携帯/スマートフォンでの削除方法
一般携帯用サイト(https://twtr.jp)にログインし、下方メニューの [各種設定] をクリック
[プロフィールの設定] をクリック
一番したの [アカウントを削除] をクリック
記載事項をご確認のうえ、パスワードを入力し [アカウントを削除する] をクリック


20130528twitter-fukkatsu7


あなたも加害者になってしまうかもしれない


普段使っているアカウントの場合はすぐに気付くかもしれないが、しばらく放置しているアカウントがあるような場合は注意が必要だ。

最近でもYahoo!JAPANへの不正アクセスでIDやパスワードが流出したという大きな事件があった。このような話は後を絶たない。

「当社サーバへの不正なアクセスについて」(5/17発表)の追加発表 – Yahoo! JAPAN広報からのお知らせ – Yahoo!ブログ



アカウントが乗っ取られた場合、フォローしている人たちに無関係なツイートやDMを送信し、迷惑をかける可能性も十分考えられる。

悪意がなくともあなた自身が加害者になってしまうのだ。

正しい知識を身につけ、自分自身でしっかりと対策をとること。事件が起きてしまったら、あなたの信用を復活させることは難しい。

Twitter乗っ取り大流行、多様な手口と防御法とは?被害に遭ったらどうする? (Business Journal) – Yahoo!ニュース



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク