あなたはいくつ当てはまる?年収300万以下の人に共通する残念な15の習慣

20130521regrettable-custom30_1

国税庁の調査によると、給与所得者の約4割が年収300万以下だという。

株価が上昇し、景気回復の兆しが見えつつあるが、収入は全く増える気配がない。

しかし、そんな状況を嘆いているだけでは何も変わらない。

投資コンサルタントの午堂登紀雄氏によると、低所得者にはある特徴的な考え方や行動が見られるという。

週刊SPA!5月14日発売号「低所得者に共通するダメ習慣108」の特集を参考に職場や人間関係、プライベートなどの分野から低所得者に共通する残念な15の習慣を紹介しよう。

あなたはいくつ当てはまるだろうか。

注:この質問は実際に週刊SPA!が約200名の方にアンケートを行った結果である。

低所得者の共通点とは? | 日刊SPA!
『週刊SPA!5/21号(5/14発売)』 …



スポンサーリンク

【職場編】


20130521regrettable-custom20_1

1. すぐに集中力が切れてしまい、おしっこをしたくなくてもトイレに行く。


頻尿ではない。仕事のモチベーションが低いため集中力が続かない。気分転換と称してサボってしまう。

2. Yシャツの下に柄物のTシャツを着て上司に怒られる。

サイズが合っていないスーツを着ている、ズボンやシャツがシワだらけだったり、服装に無頓着なのもよく見られる傾向だ。

3. 引き出しが開かない。

鍵をなくしたわけではない。なんでもかんでも引き出しに押し込んでしまった結果、開かなくなってしまった。あなたの職場にもいないだろうか。

4. 微妙に約束の時間に遅れる。

時間にルーズな人は論外だ。ギリギリまで仕事をしたり、準備に手間取ってちょっとした遅刻をしてしまう人もいる。つまり、段取りができていない。


【人間関係編】


20130521regrettable-custom20_2

5. わりとよくドタキャンする。

収入とコミュニケーション力は比例しているという説もある。

約束をしているにもかかわらず、当日になって面倒になり、体調不良と偽ってドタキャンしてしまう。そんな人がまわりにいないだろうか。

6. 結婚式に参加したことがない。

結婚式に招待してくれるような深い付き合いの人がいない。同級生や職場の人の結婚式にも呼ばれない。

自分ひとりの時間を大事にするのは良いが、周囲の人と良好な人間関係を築くことができない人は仕事にもプライベートにも悪影響を及ぼしてしまう。

7. いつも間が悪いといわれる。

本人に悪気はないのかもしれないが、電話をかけてきたり、話しかけてくる間が悪い人は実際にいる。

8. 「トモダチコレクション」でも友人が少ない。

これは関係ないような気もするが、どうなのだろう。

また、SNSでやたらとイイネ!を連発したり、かまって欲しいオーラを発している傾向があるようだ。


【消費行動編】


20130521regrettable-custom20_3

9. 限定品と言われたら心躍る。

新作や流行、限定品といったキーワードに弱い。企業にしてみれば格好のターゲットである。

流行りものに片っ端から手をつけるため、出費もかさむ。裏を返すと飽きっぽいため、無駄なモノばかりあふれてしまう。

10. コンビニで3000円以上買い物する。

一見するとリッチな高所得者の行動に見えるが、コンビニの商品はどれも割高だ。計画性がなかったり、面倒くさがってコンビニを利用することで、無駄な出費をしてしまう。

11. 紅ショウガや牛脂を大量に持って帰る。

これはよくわからないが、もったいない精神でもらえるものはたくさんもらってしまうということだろうか。

単に紅ショウガや牛脂好きな方もいるので一概にはいえない。


【日常生活編】


20130521regrettable-custom20_4

12. 支払いは督促が来てから。

金銭管理はその傾向が顕著に表れる。公共料金やクレジットカードの支払いを忘れることが多く、結果的に延滞金などの無駄な出費が生じてしまう。支払い明細など見たことがないという人も多いようだ。

13. 冷蔵庫の中身を腐らせる。

安いからと大量買いして結果的に食材を腐らせてしまう。また、家にあるものをきちんと把握していないため、同じものを買ってしまうことも。ゴミを出し忘れ、ベランダがゴミ捨て場と化している人もいるそうだ。

14. 週2回以上はラーメンだ。


ラーメンが悪いわけではない。

ただ、栄養バランスを無視した悪しき食習慣だ。低所得者には炭水化物好きが多いという結果も出ており、すき家の「焼きそば牛丼」を実食済みの人も多く見られたという。

15. 風呂場で排尿する。

今回低所得者向けに行ったアンケートで不思議な共通点があった。この「風呂場で排尿する」という行為が多くみられたという。

「お風呂に入ったら小便するのは当たり前じゃないですか」「その解放感にゾクゾクし、やめられません」といった意見も。男性諸君、いかがだろうか。


デキる人は継続力こそが大事と理解している


20130521regrettable-custom20_5

このように年収300万以下の人に当てはまる残念な習慣を15個紹介した。

因果関係が不明なもの、極端なものもあるが、共通して見られるのは以下の5つのポイントだという。

・見た目が9割ということを理解できない。
・成果や結果はすぐに出て欲しい。
・ヤル気は勝手に出るものだ。
・頑張ればいつかきっと認められるはず。
・売れるものにだけ魅力を感じる。


逆をいえば、この反対のことを意識すれば「デキる人」に変わることができる。

そのためのキーワードが「継続力」だ。

デキる人はこのことを理解し、日々着実に成果に向かって努力をしている。

ただ頑張れば良いというわけではない。努力の方向性が間違っていたら結果は出ないからだ。

まずは自分自身の考え方や生活習慣を見直し、変えるためのアクションを起こすこと。

早速私は風呂場での排尿をやめることを決断した。

年収アップに向けてスタートを切ろう。尿意ドン。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. […] – かみんぐあうとっ あなたはいくつ当てはまる?年収300万以下の人に共通する残念な15の習慣 |… […]