[iPhone] ユーザ辞書が使えない!登録した文字が変換しても出てこないときの解決方法



iPhoneで効率よく文字入力するために使うのが「ユーザ辞書機能」。

設定メニューにあるキーボードの項目から好きな文字列を登録することができる。

しかし、ここに登録した情報が数日前から変換しても全く出てこなくなってしまった。


スポンサーリンク

さっぱり出てこない


今回発生している現象を紹介しよう。

私が登録しているユーザ辞書の一部だ。



通常であれば、ここに登録した内容は文字入力時に変換候補に表示される。

だが、さっぱり出てこない。






困ったときの再起動で復活




現象には必ず理由がある。

なぜユーザ辞書が使えないのか。

その原因を探るためにまずは一度電源を切ってみた。

解決した。

実際に再起動または電源オフで解決したという事例もあるようだ(スリープ状態にするだけではダメ)。

解決! iPhoneのユーザー辞書が使えない! | PCお助け隊の事件簿




それでもダメなら変換学習のリセットを


今回は電源オフで解決してしまったが、学習した変換記録をリセットする方法も有効なようだ。

「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」の手順で実行できる。



もし電源オフや再起動で解決できない場合は、この方法を試してみよう。

学習した情報をリセットするだけなので、ユーザ辞書に登録した情報はそのまま残っているから大丈夫だ。

このリセットは文字入力時のもっさり感を解消する効果もある。

アップス!-iPhoneの無料アプリやニュースを配信中 : iPhoneの文字入力のモッサリ感を解消する方法



好不調にかかわらず、定期的に電源オフオンすることをオススメしたい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク