[溝の口] 兄貴ありがとう!牛タンの唐揚げに金網デスマッチの鬼も舌鼓を打つ「牛タン木村屋 溝口本店」



プロレスラーは強いんです。

牛タンは美味しいんです。

東急田園都市線沿線で牛タンを食べたければ、溝の口駅で下車しよう。

なぜなら「牛タン木村屋 溝口本店」があるからだ。

牛タン 木村屋 溝口本店 – 武蔵溝ノ口/居酒屋 [食べログ]




スポンサーリンク


ハッピーアワーは飲み放題1,500円也




店頭にはただいまのお時間は2時間飲み放題1,500円とある。

私が訪れたのは平日の21時頃。

いつがハッピーアワーなのかよくわからないが、このお値段で飲めるのは大酒飲みのプロレスラーにとってもありがたい。



ど真ん中じゃない料理を味わおう




こちらのお店の名物は牛タンともつ鍋だ。

いつもならど真ん中の定番メニューを攻めるところだが、今回はあえて邪道な料理をオーダーしてみた。

まずはユッケ風のチャンジャ。ユッケではない。チャンジャだ。



まずかったらチェンジだと思ったが、チャンジャの辛さと卵の黄身のまろやかさが見事なコンビネーションを展開していた。

あの往年のテリー・ゴディとスティーブ・ウィリアムスのタッグを彷彿とさせる。



レバーを攻めて致命傷を与えろ




続いてオーダーしたのがレバーのカツ。レバカツだ。

格闘技の世界では肝臓を狙って攻撃する「レバーブロウ」が有効とされている。

かつてはあの三原じゅん子参議院議員も「顔はやめなよ、ボディボディ」と語っていたことがある。

そのレバカツがこちら。



濃厚なレバーをサクサクの衣で包み、ソースで食べるボリューム満点ヘビー級の味。

まるで獣神サンダーライガーの仮面をかぶった山田恵一を彷彿とさせる逸品である。



最後は牛タンの唐揚げにノックアウト


どの料理もお酒も大満足だったが、やはり牛タンは一口食べておきたい。

リング下にいる店員さんにアドバイスを求めたところ、牛タンの唐揚げをオススメされた。



レバカツもかなりのインパクトだったが、この牛タンの唐揚げも負けていない。

噛むと牛タンの味が口中に広がる。牛タンの食感と焼肉とはまた違う風味がたまらない。

まるでビッグバンベイダーがトップロープからムーンサルトプレスを決めたような衝撃。完全に意識が飛んだ。ノックアウトである。

「牛タン木村屋溝口本店」

牛タン料理やもつ鍋に興味がある方はぜひ一度ぶらり途中下車して頂きたい。

ホットペッパーのサイトにある最大30%引きになるお得なクーポンも要チェックだ(2013年5月3日時点)。

牛タン もつ鍋 木村屋 溝の口本店/グルメ・クーポンのホットペッパー





お店の情報


関連ランキング:居酒屋 | 溝の口駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク