[Excel] 面倒な処理をラクに正確に!複数シートを1つのシートにまとめる「差込印刷 for Excel」

20130504excel-sheets-matome1

photo credit: rajkumar1220 via photopin cc

毎日朝から晩まで地道にExcelのシートをいじっている人に朗報がある。

複数のシートをあっという間に1つのシートへまとめるアドイン機能「差込印刷 for Excel」だ。

差込印刷 for Excelの詳細情報 : Vector ソフトを探す!


スポンサーリンク


設定はアドオンの追加をするだけ


必要な準備は先に紹介したVectorのリンクからファイルをダウンロードし、アドオンを追加するだけ。

具体的には以下の手順を実行する。

[Excelのオプション] → [アドイン] → [設定] → [参照] → InsertPrint.xla を指定

画像付きで紹介しよう。



このメッセージが表示されたら準備は完了だ。




同一フォーマットであれば統合は簡単


当然ながらまとめるシートは同じようなフォーマットになっている必要がある。

セルを結合していたり、全く異なる形式で作られている場合は失敗するので注意しよう。

今回は某青果店の方からお借りした商品データを使って手順を紹介したいと思う。

以下の2つのシートを結合してみる。対象となるシートはひとつのファイルにまとめておこう。





複数のシートを選択し、[アドイン] → [差込印刷] → [シート結合] の項目をクリックする。

もともとは差込印刷をするためのアドインだが、シート結合の方が活躍する機会が多いだろう。



次に選択画面が登場する。特に変更せずそのまま実行して問題ない。



先ほど結合先シートとして設定されていた「@All」という名称のシートが存在しないとこのメッセージが表示される。気にせず「はい」を選択しよう。

IMG_4087

無事にシートを結合することができた。商品名や価格と書かれた見出しの部分が重複してしまうが、削除すれば問題ない。

今回は少ないデータ量だったが、私は50シート、30MB近いファイルでも問題なく処理が完了した。



ラクに正確に処理することを意識しよう


地道にコツコツ作業するのも悪くはないが、手作業はどうしても間違いが発生しがちだ。

このように処理をExcelやアドオンに任せ、ラクにかつ正確に処理してしまおう。

あまり使う機会は多くないかもしれないが、Excelを使った事務作業が多い方には役立つ機能かもしれない。

差込印刷 for Excelの詳細情報 : Vector ソフトを探す!




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク