[プロ野球] 昭和から平成まで情報満載!85円で楽しめるiPhoneアプリ「野球選手名鑑」

20130404yakyu-meikan-app

photo credit: PShanks via photopin cc

WBCが終了し、プロ野球のシーズンが始まった。

メジャーリーグからは、ダルビッシュ投手があわや完全試合という嬉しいニュースが飛び込んできている。

ダル、「完全」逃すも初勝利 今季初先発で自己最多14K (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース


しかし、日本のプロ野球も忘れちゃいけない。

テレビ中継が減り、最近のプロ野球選手は顔と名前が一致しないケースも多いが、このアプリがあれば大丈夫。

その名は「野球選手名鑑」だ。価格はなんと85円(2013年4月4日現在)。

最新情報から昭和のプロ野球情報まで幅広く利用可能なiPhoneアプリである。

スポンサーリンク


最新情報をしっかり網羅


アプリを起動するとまずはチーム選択画面が登場する。



北海道日本ハムファイターズを選択してみよう。二刀流で話題の大谷翔平選手の情報もちゃんと登録されている。

ちなみに私はバットを使う方専門だ。二刀流ではない。




順位表だって確認できる


年度別検索のメニューを開いてみる。2013年度を選択した状態がこちら。

セ・リーグ、パ・リーグ両方の順位や成績の確認もできる。




昭和のかなり古い情報だって抜かりなし


今度は1987年の読売ジャイアンツの情報も見てみよう。

原辰徳監督の情報がある。3割30本を超える好成績を残したシーズンだったようだ。



1986年の打撃成績を見てみよう。首位打者はランディ・バース氏だ。

あのイチロー選手でさえ、日本での最高打率は.387である。いかにバース氏が凄いかがわかる。



名前でも検索ができる


あともうひとつあるのが名前検索だ。私が愛するウォーレン・クロマティ氏も登場する。



詳細情報もこのアプリから確認できる。どうやらWikipediaの情報を参照しているようだ。





顔が浮かばない時は画像検索しよう


年をとるとどうしても忘れっぽくなる。選手のことは覚えているが、顔が思い出せない。

そんな時はアプリから画像検索することができる。



そうだ。クロマティ氏の顔をようやく思い出すことができた。便利な機能である。



このように様々な情報を検索できる「野球選手名鑑」。

野球観戦しながら気になった情報を調べるもよし、
飲み会で野球話で盛り上がるもよし、
同姓同名の選手を見つけて「やった!」とひとりで喜ぶもよし、
だからなんだとつっこむもよし。

85円払っても十分元が取れるアプリ。本当に野球が好きな方は、書籍の選手名鑑もオススメである。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク