[告知] まだあったのか!オヤ辞林派生企画「シモ辞林」は間もなく終了 #oyajirin

R0012200

今から10ヶ月ほど前。ある企画が立ち上がった。

その名は「シモ辞林」である。

あの「オヤ辞林」からスピンアウトした企画だ。

その企画が終わるを迎えようとしている。ドメインの有効期限切れとともに。

シモ辞林 | ウエを見るな!シモを見ろ!




スポンサーリンク

本家オヤ辞林の公認企画だったが


あの@oyajirinが公認したスピンアウト企画。

[O]オヤ辞林から初スピンアウト!その名は「シモ辞林」 | KAMPLOG


主催者である私は、加藤鷹さん並みの指さばきで投稿に励んだが、「Second Life」以上に盛り上がらなかった。盛り上がったのはごく一部の部位だけである。

Second Life 公式サイト – 仮想世界、アバター、無料 3D チャット





下ネタだけでは世界を救えない


オヤ辞林と下ネタの融合という壮大なテーマであったが、いかんせん下ネタ。万人受けしない。

一定の教養と社会的常識をもった人間であれば見向きもしない内容だ。

@oyajirinの紹介文は、この企画の行く末をきっちり予言していたことになる。

シモ辞林は「オヤ辞林非公認」を自称していらっしゃるのですが、オヤ辞林的には公認第一号、とさせて頂きました。オヤジギャグにエロは必要ですから(この辺は別途協議の上後日ご報告致します)。
シモ辞林はそのコンセプトの通り、お題がきわどく、しかもネタ投稿はハッシュタグを付けてツイートするという、色々かなりハードルが高いものになっている




記念にスクショを残しておく


間もなくドメインの有効期限切れとともにサイトは消え去る。

誰も困ることのない処置だが、どんなものか知らなかった人のために一部紹介しておこう。

こりゃダメだな。
何やってんだ、いい年こいて。
お前の母ちゃん出べそ。
くだらなすぎて何も言えなくて・・・夏。

といった批判を承知の上での公開である。












ありがとう。シモ辞林。私はひとりで楽しんだ。

またきっとどこかでこの企画が復活することを切に祈るばかりである。

シモ辞林 | ウエを見るな!シモを見ろ!




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク