[本] 70年代生まれは必見!ドリフに仮面ライダー、キン消しまで登場する『懐かしMAX』

20130423natsukashi-max1

photo credit: complexify. via photopin cc

私は1970年代生まれである。

子どもの頃はキン肉マンが大好きな少年だった。もちろん、キン消しは山のように持っていた。

テレビ番組はドリフやひょうきん族が真っ盛り。私はTBSのドリフ派だった。

そんな30年近く前の懐かしい思い出が濃縮された本を発見。その名は『懐かしMAX』である。

スポンサーリンク


目次を見るだけで懐かしさがMAX


目次の一部を紹介しよう。

仮面ライダーからテレビ番組、ファミコン、キン消し、プロ野球やプロレスの特集もある。

僕たちの昭和仮面ライダー&マシン大全!
「男の美学」はココで学べ!ルパン三世大研究
SPECIAL INTERVIEW 加藤茶
加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ伝説
「志村けんのだいじょうぶだぁ」の秘密に迫る!
風雲!たけし城 関門リスト116
大門軍団、出陣だ!「西部警察」大全
発売30周年記念!懐かしのファミコンBEST100
すべて見せます!あのファミコンのエンディング秘画面公開
懐かしのプレミア「キン消し」大図鑑
豪快ホームラン一発列伝
阪神タイガーズ”助っ人”列伝
伝説の「覆面レスラー」20人の「超絶必殺技」


1970年代といえば、もう30年以上前のこと。

この目次のキーワードを見るだけで懐かしさがこみ上げてくる。

ひとりで読むのはもちろん、同年代の仲間たちと語り合いながら読めばより一層楽しむことができるムック本だ。


あのキン消しにはとんでもないプレミア価格が


キン消しとは「キン肉マン消しゴム」の略。漫画のキン肉マンに登場するキャラクターの形をしたゴム製の人形だ。

キン肉マン消しゴム – Wikipedia


この『懐かしMAX』でも紹介されているが、そこで驚きの事実が発覚した。

何と超レアもののキン消しには、50万円以上するものがあるそうだ。

記事で紹介されているものを一部紹介すると、

ハニワマン:35万円
キン肉マンマリポーサ:15万円
ザ・フェンシング:12万円
サタンクロス:1万5千円
ジ・オメガマン:1万円


となっている。

正直言うと知らない超人もいるのだが、当時100円のガチャガチャで売られていたものがここまで値上がりするのが凄い。

もし実家の押し入れや物置などで眠っている人がいたら、これを機に買取査定してみるのもありかもしれない。

<<キン消し>>を超高額買取! | キン消しを売るなら「買取コレクター」


と、このようにつらつらと書いてみたが、この『懐かしMAX』の魅力は文章では伝わらない。

個人的にはファミコン特集にある「伝説のクソゲー10傑」や「11PM vs トゥナイト お色気番組感涙プレイバック」が面白かった。

書店で見かけたときは要チェック。1970年代生まれなら確実に楽しつことができるムック本である。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク