[Office] リボンは使えてる?ツールバーの見た目をフリーソフトでOffice2003以前の形式に変更する方法(2007,2010,2013対応)



20130327office-ribon-classic1

Windowsユーザーのみなさん、Officeはどのバージョンをお使いだろうか。

大部分の方は2007もしくは2010を使っていることだろう。

ご存じの通り、2007からOfficeの見た目が変わった。リボンインターフェースが採用されたためだ。Wikipediaの説明を一部引用する。

リボンとは、マイクロソフトがアプリケーションソフトウェアのツールバーやタブバーで採用しているグラフィカルユーザインタフェース (GUI)である。Microsoft Office 2007で初めて搭載されて以降、徐々にリボンを採用したソフトが増えている。


このリボンインターフェースに慣れた方も多いと思うが、「やっぱり以前の形式の方が使いやすい」という方のためにフリーソフトを使った変更方法を紹介しよう。

スポンサーリンク


クラシックスタイルメニュー for Office 2013


使用するソフトは「クラシックスタイルメニュー for Office 2013」である。

フリーソフトでOffice2007、2010、2013に対応。メニュー表示を変更できるのは、Word、Excel、Powerpointの主要3ソフトだ。

クラシックスタイルメニュー for Office 2013の詳細情報 : Vector ソフトを探す!




マニュアルが充実、設定方法はとても簡単


まずはVectorからダウンロードする。解凍したファイルがこちら。

20130327office-ribon-classic2

このフリーソフトにはPDFのマニュアルが付属している。とてもわかりやすく作られているため、一般ユーザーの方でも迷うことはないだろう。

設定はソフトごとに用意されたファイルをコピーし、適用させるだけ。ほんの数分で終わる簡単な作業だ。

20130327office-ribon-classic3


Wordはスタートアップフォルダに追加


Wordの設定手順を紹介しよう。Wordが起動している場合は一旦終了させる。

付属の「スタートアップフォルダを開く.vbs」を実行すると、設定用のフォルダが開く。
※インストール先をカスタマイズしている場合は、マニュアルを参照。

そのフォルダに「ClassicMenu.dotx」をコピーし、Wordを起動すると変更が反映される。

20130327office-ribon-classic4

変更前の状態がこちら。

20130327office-ribon-classic5

変更後の状態がこちら。元のインターフェースを残しつつ、「Classic Menu」というタブが追加されている。

20130327office-ribon-classic6

これだけの操作であのわかりづらいメニューが慣れ親しんだものに変わってしまう。


ExcelやPowerPointはアドインを追加


ExcelやPowerPointも基本は同じだが、追加で必要な作業がある。

ここではExcelを例に説明する。例のごとくExcelは一旦終了させる。

付属の「アドインフォルダを開く.vbs」を実行すると、設定用のフォルダが開く。
※インストール先をカスタマイズしている場合は、マニュアルを参照。

そのフォルダに「ClassicMenu.xlam」をコピーし、Excelを起動する。

20130327office-ribon-classic7

ここから追加で設定が必要になる。マニュアルにも画像入りの解説が載っているため、簡潔に紹介しよう。

「ファイル」タブにある「オプション」を開く。

20130327office-ribon-classic8

「アドイン」から「Excelアドイン」を選択して設定ボタンをクリックする。

20130327office-ribon-classic9

「アドイン」のウィンドウが表示されるので、「Classicmenu」にチェックを入れる。

20130327office-ribon-classic10

以上の操作でメニュー表示が変わる。PowerPointも同様である。


メニューを変えてサポート負荷を減らす


Office2007から導入されているこのメニュー表示は、いまだに十分に浸透したとは言い難い。どちらかといえば、聞こえてくるのはわかりにくいという悪い評判ばかり。

Officeのリボン、使いにくくないですか?(1/2) | その他([技術者向] コンピューター)のQ&A【OKWave】



Officeのバージョンを2003から一気に2010に変えたような職場は、システム担当者に問い合わせが殺到し、仕事にならないという話を聞いたことがある。

ユーザーのリテラシー教育も重要だが、このような方法でメニューを変更し、サポート負荷を減らすというアイデアはありだと思う。


でも、この流れには逆らえない


とはいえ、Microsoftはこの流れを変えるつもりはないだろう。

Windowsも8(エイト)から大幅に見た目(ユーザーインターフェース)が変わっている。

Officeに関していえば、2007と比較すると2010の方が使いやすく改良されていると感じる。特に特定の機能しか使わないユーザーにとってはメニューをカスタマイズすることで作業効率を上げることができるだろう。

【第1回】「リボンは使いにくい」は誤解か:PC Online



ユーザーである我々は、今までの経験を一新し、このメニューに慣れ、活用するための努力をしなければならない。

そう、リボンに対応するため、生まれ変わらなければならないのだ。

まさにrebornである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク