[WBC応援企画] あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)#wbc

あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

侍ジャパンがオランダに勝利し、WBC決勝ラウンド出場を決めた。

ところで、あなたはWBCの出場国をどれだけ知っているだろうか。

予選ラウンド出場国を含めれば、20以上の国が参加している。名前を聞けば当然知っている国ばかりだ。

しかし、その国名を「漢字」で書くことはできるだろうか。

知らなくても損はないが、知っていると偉そうな顔ができる漢字の知識。

決勝ラウンドの戦いが始まる前にほんの少し勉強をしてみよう。

スポンサーリンク


初級編:これはわからないと恥ずかしい(5問)


あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

問題文は小学生でも読めるようひらがなで書く。国によっては複数の表記が存在する場合もある。

まず、この初級編は答えられないと恥ずかしい。解答時間は5分だ。

1. にほん
2. かんこく
3. たいわん
4. ちゅうごく
5. あめりか

正解はこちら。

1. にほん:日本
2. かんこく:韓国
3. たいわん:台湾
4. ちゅうごく:中国
5. あめりか:米国、亜米利加

ここまではウォーミングアップだ。続いて中級編に移ろう。



中級編:これがわかれば大学も受かる(5問)


あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

中級編は一気に難しくなるぞ。解答時間は何の理由もないが2分に短縮する。

6. おーすとらりあ
7. おらんだ
8. いたりあ
9. どいつ
10. ふらんす

正解はこちら。

6. おーすとらりあ:豪州、濠太剌利
7. おらんだ:和蘭、阿蘭陀、和蘭陀
8. いたりあ:伊太利、伊太利亜、以太利
9. どいつ:独逸、独乙、独国
10. ふらんす:仏蘭西、仏国、法郎西

ここまでできれば大学にも受かるレベル。この先は試練が待っている。上級編はゲーム感覚で挑んで欲しい。



上級編:漢字オタクいや漢字博士だ(5問)


あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

上級編は考えても無駄。解答時間は情けで1分だけ差し上げよう。

11. みなみあふりか
12. いぎりす
13. かなだ
14. ぱなま
15. にゅーじーらんど

正解はこちら。

11. みなみあふりか:南阿弗利加
12. いぎりす:英吉利、英国、大不列頓、大不列顛
13. かなだ:加奈陀、加那太、加連邦
14. ぱなま:巴奈馬
15. にゅーじーらんど:新西蘭、新西伊蘭土

もう限界だろう。最後に日本とも対戦した、対戦する可能性がある国名で締めよう。



神レベル編:あなたを外務大臣に任命する(5問)


あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

もうこれ以上考える力もないだろうから回答時間は必要ないだろう。即解答を出す。

16. きゅーば:玖馬、玖瑪、久場、古巴
17. ぶらじる:伯剌西爾
18. どみにか:土弥尼加共和国
19. べねずえら:委内瑞拉
20. めきしこ:墨西哥

いかがだっただろうか。

言われてみればそんな気がするという国もあるが、漢字での表記は初めて見たというものばかり。

なぜこのような漢字表記が生まれたのだろうか。



もともとは中国や朝鮮半島から情報を得ていたから


あなたはいくつ答えられる?WBC出場国を漢字で書いてみよう(全20問)

wikipediaにこのような記述があった。

国名の漢字表記一覧 – Wikipedia

外国語による固有名詞である国名を漢字で表記することは、全ての文章を漢字で書く中国では当然のことであった。日本は、遣隋使を送った頃より、海外の情報を中国や朝鮮から得る事が多く、外国の国名を含む情報を漢字で記録してきた歴史がある。この方法は明治時代まで続いたが、カタカナが普及するに従って、主要な国名以外はカタカナで表記されるようになった。


すべて漢字で表す中国にとっては当たり前のこと。私たちはカタカナが普及したことに感謝しなければならない。

カタカナがなければ、今頃私たちは『魁!!男塾』の世界のようにボクシングを撲針愚、ラグビーも羅惧美偉のように書いていたかもしれない。

まだまだ侍ジャパンの戦いは続く。

これから対戦する国の名前を漢字で書くことができたら、あなたの好感度、インテリ度はますますアップすることだろう。

「次の対戦相手はドイツんだ?」

「オラんだ」


なんて会話も漢字で書けば実にエレガントだ。漢字を覚えて侍ジャパンといっしょに世界で戦おう。

漢字がわかれば世界が変わる。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク