[Facebook] これは不正アクセスか?アカウントが乗っ取られないよう確認しておきたいセキュリティ設定

20130331facebook-account-security1

Facebookのアカウントが一時的に利用できない状態になった方はいるだろうか。

私は初めてその経験をした。

このような事態が発生したらどうするべきか。

実際の例から復旧方法、そして、念のため知っておきたいFacebookのセキュリティ設定を紹介しよう。

スポンサーリンク


アプリを起動したらこうなった


Facebookのアプリを起動したが、ログインができない。

このような画面が表示されたのだ。パスワードを入力ミスしたわけではない。メッセージはアカウントが一時的に利用できないとなっている。



とりあえずは画面の指示通りに「Safariで開く」で次の画面へと進んでみる。

未認識の機器または場所からログインがあったようだ。



次のページヘ進むと具体的な記述があった。「Bangkok」とある。

フィリピンパブなら可能性は十分にあるが、「Bangkok」に行ったことはない。



心当たりが全くないので、「心当たりがありません」を選択し、また次の画面へと進んだ。

新しいパスワードの設定を要求され、この後、無事にログインすることができた。



実はメールでお知らせも来ていた


最初は、全く気づかなかったのだが、同じ内容がメールでも届いていた。



ちなみに先ほど行ったパスワードの再設定が完了するとこのようなメールが届く。




これを機にセキュリティ設定を調べてみた


実際に私のアカウントが使われていたのかはよくわからない。

ただ、実際にこのようなことが起こると「セキュリティは大丈夫かな?」という不安が頭に浮かぶ。

iPhoneのFacebook公式アプリの場合、

[プライバシー設定]→[セキュリティ]と進んでいくとセキュリティに関する設定を確認することができる。




設定項目を簡単に説明しよう


この[セキュリティ]にある設定項目の役割を簡単に紹介しよう。

セキュリティのための質問
セキュリティのための質問により、アカウントにログインできなくなった場合に、簡単にアカウント認証を実行できます。

セキュアな接続
セキュアな接続(https)はオプションのセキュリティ機能です。この機能を有効にすると、Facebookサイトでの操作はすべて暗号化され、他の人が無断であなたのFacebook情報にアクセスしにくくなります。

SMSによるログイン通知
メールによるログイン通知

ログイン通知は、セキュリティ設定で有効にすることができるセキュリティ機能です。ログイン通知を有効にすると、新しい機器からアカウントにログインがあった場合に通知を受け取ることができます。

ログイン承認
ログイン承認とは、特別なセキュリティ機能です。ログイン通知に似ていますが、追加のセキュリティ措置があります。ログイン承認を有効にすると、新しいコンピュータや携帯機器からFacebookアカウントにアクセスしようとするたびに、特別なログインコードの入力が求められるようになります。

アプリのパスワード
アプリのパスワードとは、アプリへのログインに使用できる一時パスワードのことで、Facebookのパスワードを安全に保ちます。

認証済み機器
認証済み機器とは、ログイン処理中に名前を指定してアカウントに保存したコンピュータまたは携帯電話です。

進行中のセッション
最近のFacebookアカウントへのアクセスのリストが表示されます。それぞれの項目には、サインイン時の日付、時刻およびだいたいの場所、またあなたのアカウントへのアクセスに使用された機器の種類が含まれます。

これらがFacebookのヘルプページから引用した説明である。

Facebookヘルプセンター

少なくとも「セキュアな接続」は必須だろう。

「ログイン通知」も有効にしておけば、今回のような場合にいち早く気づくことができるはず。

不正アクセスといえば、つい最近にもEvernoteでパスワードの再設定が必要になった。

セキュリティ関連のお知らせ:Evernoteでのパスワード再設定のお願い | Evernote日本語版ブログ


Facebookに限らず、パスワードの管理はとても重要なもの。

アカウントが乗っ取られないようパスワードの定期的な変更、セキュリティ設定の強化などをぜひ検討して頂きたい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク