[携帯電話] 紛失したら大問題!ガラケー利用者はなくす前となくした後への準備を怠るな

ガラケー利用者はチェックしておきたい3つのポイント

ここだけの話、仕事で使用中の携帯電話(ガラケー)を紛失しかけて大問題になったことがある。

持ち歩いている以上、落としたり、忘れることが絶対にないとは言い切れない。

同じ過ちを繰り返さないよう私がチェックした3つのポイントを紹介しよう。

ポイントは「なくす前」と「なくした後」への準備だ。


スポンサーリンク


1. なくさない工夫をする


当たり前のことだが、なくさない工夫をしよう。

これは「気を付ける」とか「注意する」といった意識レベルの話ではない。

具体的な対策だ。

例えば、

・キーホルダーや飾りをつけて目立つようにする
・ストラップなどでカバンなどに固定する
・置き忘れるとブザーがなるような機器をつける

といったものである。

私の場合は100円ショップダイソーで購入したストラップで使わない時は仕事用のカバンまたは下着のブリーフに固定するようにした。



2. なくした場合の影響を最小限にする


前述の通り、絶対になくさないことは不可能だ。だからこそなくすことを想定した準備が必要なのである。

例えば、

・本体に暗証番号を設定する(ロックを設定する)
・アドレス帳には個人を特定しづらい形式で登録する(苗字だけとか)
・メールやデータは都度削除する

といったものである。

スマートフォンの場合はアプリやサービスを使うことでより厳重に管理することができるはずだが、今回はガラケーに限定して紹介した。

ちなみに私の場合、これらが会社のルールで義務付けられているので対策は実行済みだ。

ただ、一歩進んだ対応を取った。念には念を入れてだ。

例えば、取引先の「山川さん」を「海空さん」と登録した。おかげで電話がかかってきても誰だかわからない。



3. なくした時に何をすべきか把握する


実際に経験したから言えるが、なくした時は頭が真っ白になる。白髪ではない。中身がだ。

だからこそ、何をすべきかをあらかじめ整理し、把握する必要がある。

例えば、

・職場での報告先、タイミング、ルールを確認する
・携帯電話を操作不能にする方法を確認する

といったものだ。

携帯電話を操作不能にする手続きは、各社のサポートセンター、近隣のショップまたは専用のWebサイトで行うことができる。

盗難・紛失したときは | お客様サポート | NTTドコモ
サポートセンターは0120-524-360


盗難・紛失にあったとき | auケータイ・スマートフォンをご利用の方 | auお客さまサポート
サポートセンターは0077-7-111


紛失・盗難 | ソフトバンクモバイル
サポートセンターは0088-21-2000


EdyやSuicaといった電子マネーの停止は各サービス提供会社へ連絡する必要がある。

また、携帯電話が見つからない場合は、回線を停止しなければならない。これも同様にサポートセンターで受付をしてくれる。受付時間は9:00から20:00迄、24時間体制ではないことに注意しよう。

回線停止の連絡先
NTTドコモ:0120-524-360
au:0077-7-113 または 0120-977-033
ソフトバンクモバイル:0800-919-0113 または 0800-919-0157


なくしたら迅速にかつ確実に対処する


20130206gmail-contact-delete1

まずい。携帯電話を紛失してしまった。超ヤバいんですけど、マジで。

こうなったら仕方ない。事前にチェックした通り、ひとつひとつ迅速にかつ確実に対処していこう。

・まずはルールに従い、関係者に報告しよう
・携帯電話を操作不能にしよう(担当者が代行する場合もあり)
・警察に届けよう
・見つからなければ回線を停止しよう

このような自分がやるべきことを手帳なり、メモなりいつでも参照できる場所にまとめておくと良い。

繰り返すが、絶対になくさないことはあり得ない。

だからこそ、事故が起きた時にどうするべきか事前にチェックしておこう。




今回の3P!!


・携帯電話の紛失は誰にも起こりえる出来事だ!

・備えあれば憂いなし!明日は我が身の精神で準備を怠るな!

・ていうか、なくしたお前が偉そうに言うな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク