[Gmail] この機能は下手すると危ない!メール誤送信を防ぐためにオートコンプリートの無効化を提案したい

20130206gmail-contact-delete1


メールの誤送信は大きな事故を招く。

Gmailユーザである私は、ブラウザを立ち上げ、いつも通りの動作でプライベートなメールを作成していた。

Gmailは宛先(To)の欄にメールアドレスや名前の一部を入力するとオートコンプリート機能で候補となるアドレスを提示してくれる。

この候補のアドレスを誤って選択したままメール送信してしまったのだ。

Gmailユーザの方はこの機能を認識して頂きたい。


スポンサーリンク


おーっとこれは誤って選択するリスクがあるぞ


下の画像を見て頂きたい。

私の毎朝の日課はメル友のアンドレ君にモーニングメールをすること。

いつものようにアドレスの最初の文字「a」を入れ、アンドレ君のアドレスを表示させた。

20130206gmail-contact-delete2


アドレスを選択、近況報告を入力し、アトミックドロップをかますがごとく送信ボタンを押した。

アンドレ君からは全く返事がない。指が太くて文字が入力できないのだろうか。

待つこと数時間。

なんと全く予想外の人から返事が来た。

送信したメールはアンドレ君宛ではなく、猪木社長宛になっていたのだ。

20130206gmail-contact-delete3


もちろん、なんだこの野郎と怒られたことは言うまでもない。



原因はオートコンプリート機能だぁ


なぜだろう。昨日までは「a」を入れたらアンドレ君しか出てこなかったのに。

原因が判明した。

Gmailの「連絡先を作成してオートコンプリートを利用」する機能が有効になっていたことが原因だった。

そういえば、昨日初めて猪木社長にメールをしていた。

この機能によって、猪木社長が連絡先に自動登録されたのだ。だから今まで出てこなかった宛先候補に猪木社長が表示されたのである。

20130206gmail-contact-delete4


おそらくこの機能はデフォルトで有効になっているはず。便利な機能ではあるが、Gmailでのやり取りが多いとどんどん連絡先が登録されていく。これが事故のもとなのだ。

20130206gmail-contact-delete5


自動って怖い。オートって怖いということをこの年になって初めて認識した。



連絡先は元気があれば手動で追加できる


取引先の猪木社長の口癖は「元気があれば何でもできる」だ。

Gmailからメール送信する相手は限られているので、私はこのオートコンプリート機能を無効にすることを決めた。必要な連絡先は手動で追加すればいいからだ。

設定 ⇒ 全般 ⇒ [連絡先を作成してオートコンプリートを利用] を [手動で連絡先を追加する]

と変更すれば良い。

また、これを機に今まで自動で登録された不要な連絡先の情報も削除してしまおう。

左上の[Gmail] ⇒ 連絡先

の順に選択すると連絡先の一覧を表示することができる。詳しくはヘルプにも書かれている。

連絡先の編集 – Gmail ヘルプ




人はミスをおかすもの。

注意しようだけではなく、ミスをおかさないための仕組みを取り入れていきたい。



今回の3P!!


・ラクをするとロクなことがない!自動化のリスクを十分認識せよ!

・1通のメールがときに大きな事故を及ぼすことも!宛先指定をなめるな!

・嘘みたいなエピソードだと思うな!プロレスはエンターテインメントだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク