[習慣化] 毎日の運動をより楽しむならどれだけやったかが見える『HabitKeeper』を活用したらいいと思う

Army Reserve 2010 Best Warrior Competition Army Physical Fitness Test
photo credit: DVIDSHUB via photopin cc

2013年がスタートし、既に1ヶ月が経過しようとしている。

年が変わったことをきっかけに勉強や運動、新たな活動を始めたという方も多いことだろう。

私は運動不足を解消するために筋トレを始めた。まだ1ヶ月弱の短期間ではあるが、私が運動を習慣づけるために活用したアプリを紹介したいと思う。

中でもオススメは『HabitKeeper』だ。

このアプリの特徴は、やったかやらないかだけでなく、どの程度やったかがカレンダー形式で見れることだ。




スポンサーリンク



まずは『Good Habits』でやったかやらないかを記録した


幼少期のあだ名が「野比のびない」だったぐらい怠け者の私は、まず運動したことをきちんと記録することから始めた。

要するにやったかやらなかったのかを記録したのである。使用したアプリは『Good Habits』である。



このアプリは実にシンプルだ。やったかやらないかを記録するだけ。

このようにカレンダー形式で結果を見ることができる。色がついている箇所が腹筋をした日である。



そもそも運動する習慣がないのだ。いきなり大きな目標を立てず、まずはやることを心がけた。



次にどれだけやったかを『MyStats』で記録した


毎日ではないもののある程度運動する習慣ができた。

次はどのぐらいやったのかを数字で見れるようにした。数字目標を立てた方がやる気が出る。使用したアプリは『MyStats』だ。



この例でいえば、腹筋した回数を記録した。月間目標は1,000回。具体的な数字とグラフで進捗が見えるのはとても励みになる。



ただ、ひとつ物足りない点があった。『Good Habits』のようにカレンダー形式でどれだけやったかを見たいというわがままな気持ちが生まれてしまったのだ。



そんな願望を叶えてくれたのが『HabitKeeper』だった


ここまでに登場した『Good Habits』も『MyStats』も無料アプリである。

わがまま言うぐらいなら金を出せと文句を言われそうなので、有料アプリも候補に入れてみた。

すると私の願望を叶えてくれる優秀なアプリが見つかったのだ。それが『HabitKeeper』である。



毎日やったかやらなかったのかとどれだけやったかという数値をカレンダー形式で見ることができる。



しかも『MyStats』のようにグラフ形式で見ることもできる。



累計以外にも日々の数値の変動を見ることも可能だ。



どうでしょう。お客さん。

習慣化されるとやること自体は当たり前のことになってくる。

次のステップはそれをどれだけやったのかということを意識するようになる。それが数字目標だ。

この他にも良いアプリが存在するかもしれないが、今の私には『HabitKeeper』が欠かせないアプリとなった。

筋トレをした回数、ランニングした距離、勉強した時間、読んだ参考書のページ数。何でも良いだろう。

一歩進んだ記録と振り返りを実行するために私は『HabitKeeper』を強くオススメしたい。

もちろん『HabitKeeper』でもシンプルにやったかやらないかの記録も可能だ。






今回の3P!!


・習慣化したいならまずはシンプルにやったかやらないかを記録しよう!

・やるのは当たり前?それならどれだけやるかを目標に掲げよう!

・自分が達成した成果を見るのは楽しい!カレンダーを自分の成果で埋め尽くそう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. MyStatsをお試し頂き、ありがとうございます。

    頂いた貴重なご意見を今後の参考とすべく、本ページをEvernoteにクリップしました。

    またいつか、MyStatsを活用できそうな機会がありましたら、是非お試し下さい。

    よろしくお願いします!