[リマインダー] タスク管理ツール「domo Cue」はライフログとか忘れても困らないゆるいタスクの通知に使うことにした



人は忘れる生き物。

やりたいこと、やらなければならないことをすべて記憶し、忘れずに実行することは難しい。

とはいえ、本当に重要なこと、やらなければならないことは意外と忘れないもの。

仕事であれば、ToodledoやTaskChute、サイボウズなどできちんと管理しているはず。私の場合はジャポニカ学習帳に一覧化している。

タスク管理するほどではない。でも、習慣としてやりたいこと、続けたいことがある。

だから、私は忘れても困らないゆるいタスクをタスク管理ツール「domo Cue」を使って通知(リマインド)することにした。



スポンサーリンク




タスク管理ツール「domo Cue」とは?


「domo Cue」とはどんなアプリか。iTunesの説明文を引用する。

やるべきこと、TODO を簡単に整理し、お知らせするタスク管理ツールです。Cueで登録したタスクは iCloudやMacにも通知され、閲覧・管理できます。
見やすく、簡単な操作で期日の変更や優先度の見直しができます。位置情報を使い、特定の場所に移動したときに通知を出すことができます(位置情報連携、ジオフェンス機能)。


アプリのUIデザインに一目惚れし、ぜひ使いたいと思った。

とはいえ、このアプリですべてのタスク管理をするのは難しい。

そこで「忘れても困らないゆるいタスク」をテーマに項目をリストアップしてみた。

・ライフログ
・健康維持
・振り返り

の3点である。

通知(リマインド)がなくても何かの行動を機にやってしまうことが多いが、「本当にやったのかよ!」と自分自身に問いかけるために設定をしてみた。するとできているようで意外とできていないことがよくわかった。

やはり人間は忘れる生き物なのである。



リマインダーで自分自身に問いかけろ!


まずはライフログである。あまり大げさなことはしていないのだが、日々やりたいことを登録してみた。



重要なのは「やるべきこと」ではなく、「やりたいこと」という点。

家計簿をつけなくたって死にはしない。
体重を測らなくたって死にはしない。
やばい写真は内容によっては死を意味する。

だから翌日朝に再確認するために「昨日ちゃんとやったのかよ!」という項目を入れている。

ちゃんとやってるなら胸を張って逆ギレしてよい。「やってんだよ!」と。



振り返りのトリガーにもリマインダーは使える


健康維持のために取り組んでいる筋トレも登録してみた。



毎日の振り返りをするための質問も登録している。この質問内容はシゴタノ!の記事を参考にしてみた。

シゴタノ! 記録とふり返りが仕事の役に立つ3つの理由






「domo Cue」なら完了した項目のチェックもできる


完了した項目は日付ごとに確認することができる。完了済みが並んでいると実に気分がよいものだ。



「domo Cue」の使い方はこの他にもたくさんあるはず。ゆるく使っても良いし、もちろん、ガッツリ使い込んでも良い。

自分にあった使い方でタスクをこなし、身も心もスッキリして頂きたい。







今回の3P!!


・重要なことは意外と忘れない。忘れても困らないようなことこそリマインダーの出番だ。

・「domo Cue」は見た目も使い勝手も実に良い。iCloudとも連携できるiPhoneアプリ。

・リマインドしてやらなきゃと気づくまでは良い。気づいただけで終わりにしないようもう一度リマインドしてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク