財布の乱れは心の乱れ!これで簡単スッキリ!財布をきれいに変える4つのステップ!

Saturday: American Money

カードやレシート、クーポン券などでゴチャゴチャ。パンパンに膨れた財布を使っていませんか。

まさに私の財布は宍戸錠のほっぺたのごとく膨れ上がっていました。なんということでしょう。

実際に財布の中身を確認したところ、

お札 0枚
小銭 5円
カード(免許証など含む) 12枚
レシート 10数枚
その他よくわからない紙類 10枚弱
使用後のガム 2口

といういろんな意味でとんでもない状態になっていました。

そんなときにふと目にしたのが日経アソシエの特集「これならできる!整理術」。この特集を参考に財布の片づけをやってみました。

効果はバッチリ。財布がゴチャゴチャでダ財布天満宮なあなた。この4ステップ片づけ術を試してみて下さい。


スポンサーリンク



財布を片づけるとどんなメリットがあるの?

I Like iT SHARP

まず始めになぜ財布を片づけるのか。財布を片づけるとどんなメリットがあるのでしょうか。



短い時間で高い満足感が得られる



片づけをするとスッキリするというのは誰もが納得する事実です。
部屋や収納の片づけにはとても時間がかかりますが、財布ならばほんの30分もあればできてしまいます。
毎日使い、目にするものですから、スッキリ整理整頓された状態で使いたいですよね。



片づけの全体像がわかる



部屋の片づけを始めたものの終わりが見えず、やる気が低下し、しまいには途中で出てきた本を読んだり、写真を見たり脱線してしまいませんか。

それに比べて財布は小規模かつ短時間で片づけをすることができます。全体像や範囲、対象がわかりやすいので、迷子にならず、目的を達成することができます。


自分のクセがわかる



財布がなぜゴチャゴチャしているのかを確認していくと自分自身の行動に原因があることがわかります。
その無意識に行なっている行動に注目することで、財布以外の片づけ、生活習慣の改善にもつなげることができます。


この4ステップを実行するだけ!これを習慣づける!


20121010-004

財布の片づけは決して難しいことではありません。以下の4つのステップで取り組んでみましょう。


1. 財布に入っているモノをすべて出して広げる
2. 要る要らない、財布に残す残さないで分ける
3. 不要なモノは捨て、財布に残さないモノは移動させる
4. 財布に戻すと決めたモノを財布にしまう



これだけです。

財布に入っているモノをすべて豪快に出しましょう。何が入っているかきちんと確認してみましょう。


要る要らない、財布に残す残さないの基準はこれ!


Sumo Toss

財布の中には何が入っていましたか。それぞれ中身に応じて要る要らない、残す残さないを考える基準があります。

★現金
現金は必要です。残しましょう。
100円玉未満の小銭は貯金箱に移すという手もありますね。

★レシート
財布に残しておく必要はありません。
家計簿につけるならつけましょう。
クレジットカードの控えはあとで請求書とチェックするならば別の場所に保管しましょう。

★クーポン券
使えるもので本当に使うものだけ残しましょう。
有効期限は残っていますか。
持っていても本当に使いますか。

★カード類
使えるもので本当に使うものだけ残しましょう。
1ヶ月以内に使いましたか。
今後使う可能性はありますか。
財布に入っていないと困りますか。



減らして要るモノ、財布に残すモノは元に戻す!


Festival in Dakhla

ここまでのステップで要るモノ、要らないモノ、財布に残すモノ、残さないモノの判断ができたはずです。

不要なモノは捨てましょう。財布に残す必要がないモノは別の場所に保管しましょう。もしくは捨ててしまいましょう。

特にカード類は使用頻度が低いモノを別の場所に移すだけでスッキリしませんか。

さらに工夫するとしたら、財布に戻したモノを財布のどこに入れると使いやすいかを考えてみてもよいかもしれませんね。



きれいな状態をキープする!自分なりのルールを作る!


Kung Fu Chef

片づけをしてスッキリしました。リセットした状態です。しかし、この状態を維持する仕組みがなければまた同じことが起こります。

日経アソシエの特集では「かたづけ士」として有名な小松易さんがこのように語っています。



「リセットの片づけ」で、財布はきれいになったが、リバウンドの心配がある。それを防ぐのが、「キープの片づけ」。”マイルール”を実践し、片づけを習慣づける。




このようにマイルールを定め、繰り返し実践し、それを無意識のうちにできるよう「習慣化」していく必要があるわけです。

例えば、レシートがたまりがちな人であれば、これらのことを1つでも習慣づけることできれいな状態をキープすることができるはずです。

・レシートはもらわない。もらってもすぐ捨てる。
・レシートの内容はメモしてすぐ捨てる。
・レシートの内容はスマホのアプリへ入力して捨てる。
・レシートの内容はスマホで撮影してすぐ捨てる。
・毎日帰宅したらレシートは財布からすべて取り出す。

私の場合は、毎日帰宅したらレシートは財布からすべて取り出すようにしました。カード類が急激に増えることはないので、これを習慣づけたことできれいな状態をキープできるようになっています。

この考え方は財布だけでなく、カバンなどでも応用できますよね。

整理整頓し、それを維持するために習慣化する。

財布の汚さはその人の性格や習慣が表れます。財布にゆとりを作ってお金と運を呼び込んでみませんか。

この他にも日経アソシエには片づけ術が満載です。片づけに悩む方、要チェックですよ!






今回の3P!!


・ゴチャゴチャした財布は気分悪い!今すぐ整理整頓しよう!

・全部出して要るか要らないか判断して戻すだけ!これだけであっという間にきれいにできる!

・あとはその状態を維持するだけ!マイルールであなたの財布も心も整えよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク