[肉] コシヒカリにサラダバー!炭火焼きのがんこなハンバーグ!ステーキハウス「ブロンコビリー」さんでもう満腹!



Bronco Billy's


日付が変わってから昨日が体育の日だったことに気付いたなすけ@nasukedotnetです。

・美味しいハンバーグが食べたいにゃあ!
・ハンバーグのお供はもちろんコシヒカリのお米じゃけん!
・肉ばかりじゃあかん!野菜もおくれやす!
・〆はフルーツじゃん!スイーツじゃん!

というワガママなホモサピエンスをも満足させてくれる素敵なステーキハウス「ブロンコビリー」さんに行って参りました。

ステーキハウス・ブロンコビリー/HOME【炭焼きステーキ・ハンバーグ、サラダバー、魚沼産コシヒカリの大かまどごはん】



スポンサーリンク



ブロンコビリーさんは名古屋発のステーキハウス!東証一部に上場した有名店!


みなさんはブロンコビリーさんを御存知ですか?

横浜生まれ横浜育ちの私は最近まで名前すら聞いたことのないお店だったのですが、実は愛知県名古屋発のステーキハウス。

創業34年。東証一部にも上場している有名店なんです。





早速入店!清潔感のある店内!おもてなしにこだわりぬいた店づくり!


人気店だけあって30分ほど待って入店。案内された座席がこちら。

イスの背もたれもどえりゃあデカい。公称座高160cmの私でも十分満足できるナイスなイスです。





ブロンコビリーさんの特徴は「炭焼き」「大かまど」「サラダバー」です。ホームページからそのこだわりのコメントを紹介します。

http://www.bronco.co.jp/kodawari/ichiban/index.html

via kwout


http://www.bronco.co.jp/kodawari/ichiban/index.html

via kwout


http://www.bronco.co.jp/kodawari/ichiban/index.html

via kwout



はい、それではこのこだわりが本物か。この中から「炭焼き」と「サラダバー」について紹介していきましょう。


サラダバーは新鮮野菜が充実!高品質高回転!看板に偽りなし!


サラダバーコーナーに行くなり目の前に看板が登場。写真入りでサラダーバーの魅力を教えてくれます。





なぜかトマトにだけくんづけ。食べものにくんをつけるなんてさかなクン以来ですよ!ギョギョ!





バーニャカウダも登場しました!オラ別料金でもこれは買うだ!






悪ノリしました。こちらがサラダバーのコーナーです。

店内が混雑していたので丁寧にゆっくり写真を撮ることができませんでしたが、清潔感があり、どんどん新しいものが補充されていく様子を見ても、サラダバーに力を入れていることがよくわかります。





フルーツやコーヒーゼリーも見えますね。写真には映っていませんが、杏仁豆腐やぜんざいもありました。ういろうはありません。





実際に盛りつけたサラダバー。センスのかけらもないこの彩り。不要な写真でした。





炭焼きがんこハンバーグは200gで税込1,449円!サラダバーも大かまどごはんも込みのお値段!


私が注文した商品は、炭焼きがんこハンバーグです。詳しくは下記のリンクをご覧下さい

この1,449円というお値段には、サラダバーと大かまどごはん、コーンスープも含まれています。
ちなみにランチメニューの場合は同じ商品が税込1,102円になります。ランチで行くのがおトクかもしれませんね。

炭焼きジューシーがんこハンバーグセット / ステーキハウス・ブロンコビリー




さて、ステーキやハンバーグはサラダバーコーナーのすぐ横で焼いています。大迫力です。



アップでどうぞ。実に肉らしい!





待ちに待ったがんこハンバーグです。





横長にパノラマで撮影してみました。サザエさんに登場するアナゴくんのような圧倒的存在感ですね(アナゴくんはあまり存在感ないけれど)。



〆はコーヒーゼリーと杏仁豆腐をいきましょう。



もうお腹いっぱいです。ごちそうさまでした。




今回の4P!!


・ハンバーグが美味しいお店は数あれど、やっぱり美味しいサラダもたくさん食べたい!

・ハンバーグが美味しいお店は数あれど、やっぱり美味しいコシヒカリのお米もたくさん食べたい!

・ハンバーグが美味しいお店は数あれど、やっぱり美味しいフルーツやデザートもたくさん食べたい!

・デブまっしぐら!ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆


お店の情報


関連ランキング:ステーキ | 恩田駅


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク