個人利用にオススメ!Microsoft互換&無料で使えるオフィスソフト「KINGSOFT Office Suite Free」が超便利だ!


photo credit: cogdogblog via photopin cc


オフィスのお荷物野郎ことなすけ(@nasukedotnet)です。

マイクロソフトのWord、Excel、Powerpointなんて大嫌い!

とはいえ仕事をする上では何かと縁の多いこれらのオフィスソフト。プライベートでも使うことありますよね。

既に個人用パソコンにWordやExcelがインストールされている場合はこの記事は全く価値ありません。

まだインストールされていないけどちょっと必要かもというあなた。

個人利用ならば無料でWordやExcel、Powerpointと同等の機能を使うことができるんです。

あなたの悩みを「KINGSOFT Office Suite Free」というキン肉マングレートなソフトが必ずや解決してくれることでしょう。

スポンサーリンク



そもそも「KINGSOFT Office」ってどんなソフトだ?


Microsoftのオフィスソフトといえば、Word、Excel、Powerpointといったソフトが有名です。

ひとことで言うならば、「KINGSOFT Office」はそれらオフィスソフトの代わりとなる製品なのです。

KINGSOFT Office2012|Microsoft Office(Word|ワード・Excel|エクセル・PowerPoint|パワーポイント)互換オフィス



気になる方は実際にインストールして試してみましょう。30日間無料で使えます。

ダウンロードは下のリンクからどうぞ。





なぜ代わりの製品なんて使うんだ?それは安いからだ!


オフィスソフトといえば誰もが知っているMicrosoftの製品。会社で使っていたり、買ったパソコンにもともとインストールされているとあまり気になりませんが、実はお値段がかなり高いのです。

2012年9月25日現在のkakaku.com情報を参考に比較してみましょう。
比較対象は、Word、Excel、Powerpointが含まれる「Office Home and Business 2010」とこれと同等機能が含まれる「KINGSOFT Office 2012 Standard CD-ROM版」です。

 「Office Home and Business 2010」 ¥26,468
 「KINGSOFT Office 2012 Standard CD-ROM版」 ¥3,317


え?何この違いは???


もちろん、細かいところを見れば条件が違うところもあるわけですが、ワープロ、表計算、プレゼンテーションの機能だけ使いたいならこの圧倒的な価格差は魅力的でしょう。





安いけど大丈夫?安かろう悪かろうじゃおじさん心配になっちゃう!


価格面だけでもKINGSOFTのメリットは十分にあります。でも、肝心の機能は大丈夫?

ご安心を。

「完璧!」とは言わないまでもメーカーサイトで紹介されている通り、互換性の点でも「合格点!」をつけることができる仕上がりなんです。

・見た目が同じ!
・違和感を感じさせない操作性
・保存形式が同じ


パワーポイントが無料(フリー)で30日体験|互換プレゼンテーション「キングソフトプレゼンテーション2012」



実際に他のオフィスソフトを使用した経験から偉そうに語ると、私の中ではこのKINGSOFTが互換性ナンバーワンですね。
※あくまで個人的な感想です。肌触りや美白効果には個人差がございます。効果を約束するものではございません。



「KINGSOFT Office Suite Free」はさらに安い!個人利用なら無料でOKだ!


これで安いと満足してはいけません。実はさらに安い無料のオフィスソフトがあるんです。

その名は「KINGSOFT Office Suite Free」。スイートでフリーだなんて、なんとSweeeeeeetな響きでしょう。

Free Office Software, Kingsoft Office Suite Free 2012



導入方法はリンク先のサイトからダウンロードしてインストールするだけ。英語ですが、特に難しいところはありません。




具体的な手順はこちらのサイトで紹介されている内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます!

無料で使えて互換性が高いオフィスソフト「Kingsoft Office Suite Free」がすごい! – 裏技shop DD




メニューが英語表記というのはわかりづらいかな?でも安心!日本語にする裏技があった!


無料とはいえ、メニューが英語表記というのは抵抗ある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、メニューを日本語化することだってできてしまいます。先ほどご紹介した「裏技shop DD」さんのサイトで日本語化する手順が紹介されています。

日本語版の体験版をダウンロード&インストールし、そこから必要なファイルを入手するという流れになります。こちらも具体的な手順は、こちらの内容が細かく説明されていてわかりやすいです。ありがとうございます!

無料のオフィスソフト「Kingsoft Office Suite Free」の日本語化&リボンUI化! – 裏技shop DD




他にも無料のオフィスソフトはあるみたいだけど、使い勝手はどうなの?


「KINGSOFT Office」以外にも無料のオフィスソフトは存在しています。比較記事もあります。

Office編(1) 2003以前と2007以降、ファイル形式は別物:PC Online



比較記事には実際に私が使ったソフトもありますが、KINGSOFT以外は互換性という点では、

・見た目がくずれることが多い(再現性が低い)
・マクロが使えない(独自のマクロ方式を採用している)

など若干劣っている点はあります。

もちろん、KINGSOFTも無料版ではマクロが使えないといった欠点もありますが、個人利用で軽く使う分には問題ないでしょう。

有料版を購入すればマクロも利用可能です。

キングソフトオンラインショップ/商品詳細 キングソフトオフィス Standard/VBA対応/フォント同梱版

というわけで長くなりましたが、無料で手軽にオフィスソフトを使いたいという方、ぜひ一度「KINGSOFT Office Suite Free」をお試し下さい!



有償版の方が日本語化もされていて便利です。お試しダウンロードは下のリンクからどうぞ。





今回の3P!!


・マイクロソフトのOfficeはとにかく高い!個人利用なら無料の「KINGSOFT Office Suite Free」で十分!

・Office互換のクラウドサービスもあるけどやっぱりオフラインでも使えるインストール型の方がレスポンスも良くて使いやすい!

・とはいえMicrosoftの牙城はなかなか崩れないのが現実!十分売れてるでしょ?もう少し安く提供してくれー!ゲイツ様!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク