あらやだ!秋田の羽越本線新屋駅にはちょっと変わったスタバがあった!



秋田滞在中の@nasukedotnetです。

今回、秋田県を訪れ、JR羽越本線という電車を利用しました。

羽越本線は秋田駅と新潟県の新津駅を結ぶ長距離列車。なんと路線距離は270kmもあるんだとか。

喉が乾いた私は、スタバの看板を見つけ、ブラリ途中下車してみました。しかし、そこには予想もしなかった落とし穴が待っていたのです。

スポンサーリンク



羽越本線は自己責任!やってくれると思うなよ!


先に書いたとおり、秋田県と新潟県を結ぶ長距離列車。東北地方にはなくてはならない路線です。

私は生まれ育ちも関東地方です。

数えきれないぐらい電車に乗りましたが、いまだかつてない経験をしました。


自分でボタンを押さないとドアが開かない…


まだ発車しないのにいきなりドアが閉まる。あれ、時間を間違えたのかなと思いきや一向に発車しない。おかしいぞと思っていたら、乗客の登場とともにドアが開きました。

そう、乗るときにはボタンを押して自分でドアを開ける。



降りるときも自分で押して開ける。



経済的なのかどうかよくわかりませんが、知らないとパニックになります。ドアが開かない。閉じ込められた。殺す気か!と。

しかも、電車の乗降口に段差あり。あぶなーい!




羽越本線は閉店ガラガラ!いつまでも開いてると思うなよ!


今回ブラリ途中下車したのは新屋という名の駅です。読み方は「あらや」です。



実にのどかな風景です。



電車の本数も1時間に1本あるかないかです。



写真を撮っていた私は最後の乗客でした。なぜか駅員さんにせかされます。切符を渡した直後、


ドアを閉めた!



閉鎖した!



私の勘違いならお詫びしますが、踊る大捜査線でレインボーブリッジを閉鎖したときのような勢い。次の電車が来るまで厳しいガードが続きました。



そして、明らかに怪しいスタバが!


東北とはいえもう6月です。汗が首筋を流れます。

草花も実にきれい。





写真を撮りつつ、電車からチラリと見えたスタバの看板を探すこと数分。ついに見つけました。



あれ、なんか違う。パチンコ屋じゃん。



今回の3P‼


・公共交通機関のルールは結構バラバラ!自分の住む地域のルールが当たり前と思うなよ!

・下調べは大事!予定外のことが起きてもリカバリーが困難な場合も!待つにも駅で待てない場合が!

・パクリは良くない!本家にばれたらタイヘン!しかもこの指の絵柄でぱちんこは卑猥!


Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク