飛行機好きにはたまらない!秋田空港にあるCoooool!! なスポット!その名は「くぅ」!



秋田滞在2日目の@nasukedotnetです。

みなさん秋田空港を訪れたことはありますか。私は今回が人生で二度目です。

秋田空港は規模が大きい空港ではありません。待ち時間は退屈なもの。

そんなときはちょっとだけ階段を昇りましょう。そこには飛行機好きにはたまらないCoooool!!なスポットがあるんです。


スポンサーリンク



Coooool!!なみんなのひろば!その名は「くぅ」!


山といえば川。ツーといえばカー。みんなのひろばといえば「くぅ」です。

こちらは飛行機と秋田空港に関することをこれでもかとリアルに体験できるスポットなんです。

早速潜入してみましょう。この看板が目印。空港の3階にあります。



ひろばというわりに広くはないですが、微生物から見たら十分広場。中の様子はこんな趣です。



まずは秋田空港の歴史年表が登場します。旧秋田空港は1961年開港、現在の秋田空港は1981年の開港です。もう31年経過しているわけですね。



歴代の飛行機が飾られています。ドラえもんのスモールライトを使ったようです。



こちらはデカイ!ジャンボジェットでしょうか?飛行機に全く興味がないのでわかりません。







まさかのビジネスクラス体験!気分はエリートサラリーマン!


続いては実際の飛行機の座席を体験できるコーナーです。なんと国際線のビジネスクラスや国内線のスーパーシートを体験できちゃうんです。こんな経験、自宅ではできませんよね?



まずは国際線のビジネスクラス。ビジネスマン向けに整備された上品なイスですね。どことなく。



次は国内線のスーパーシート。ごめんなさい。トーシロの私には違いがわかりません。



次は国際線のビジネスクラスが2種類。色が違うんだなということがよくわかりました。





これは満席のときに使う座席ですね。







飛行機で使われているパーツを見ることだってできるんです!


みなさんは飛行機の整備をしたことがありますか。ありませんよね。

飛行機は超がつくほどの精密機器。パーツひとつの不備が大きな事故に繋がる可能性があります。

もし飛行中にトラブルがあった場合、「お客様の中に飛行機のパーツに詳しい方はいらっしゃいませんか?」と言われたらどうしますか。備えあれば憂いなし。そんなときのためにパーツについて学んでおきましょう。

こちらはキャビンウィンドーのパーツです。どうせならキャビンアテンダントさんの使用済みパーツを置いて欲しいですね。



ファンがありました。もしAKB総選挙でこのパーツが日本武道館を埋め尽くしていたら怖いですね。



タイヤもありました。中のホイールが取れてしまっていますが、大丈夫でしょうか。もうお役ご免。リタイヤしたようです。



といったように秋田空港や飛行機の情報を無料でゆっくり楽しむことができるCoooool!!なみんなのひろば「くぅ」。秋田空港を訪れた際は時間つぶしのためにぜひ訪れてみて下さい。


今回の3P!!


・空港や飛行機の歴史は、日本の戦後復興の歴史でもある!日本が世界に向かって飛び出したあの時代の勢いを体験してみないか!

・ビジネスクラスやスーパーシート!本物のシートに座り、将来自分が成功した姿をイメージせよ!夢が現実になる第一歩だ!

・見学はほんの10分で終了する!申し訳ないがすぐ飽きる!地方発展のためにも秋田美人のキャビンアテンダント情報を充実させるべき!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク