GWにオススメ!歴史を学べ!歴史博物館で親も子もワクワク体験しちゃおう!

Primitive man exhibit

普段はオヤジギャグと下ネタしか言いませんが、実は大学では教育学部で小学校教員養成課程に在籍していた@nasukedotnetです。

 歴史好きですか?

 大好きでーす! \(^o^)/

そんな歴史好きな方のためにGWのレジャーにオススメしたい歴史博物館を紹介しましょう。

スポンサーリンク



あなたは自分の住む町の歴史を知っていますか?


今回ご紹介するのは「横浜市歴史博物館」です。

横浜市歴史博物館


名前の通り、横浜市が運営する歴史博物館。

私は横浜市出身、両親も祖父母も横浜市出身。根っからのハマっ子です。

私たちは学生時代に教科書などで日本の歴史を学びます。

 平安京に遷都されたのは何年ですか?
 江戸幕府を開いたのは誰ですか?

こういった知識は誰もが知っているはず。しかし、自分自身の出身地の歴史、今住む町の歴史を知っているでしょうか。

私は大好きな日本の歴史を、そして、大好きな「横浜」という町の歴史をわが子に伝えるためにこの「横浜市歴史博物館」を利用することにしたのです。


毎週土曜日は高校生までは無料!大人でも400円で学んで楽しむことができる!





横浜市歴史博物館は、横浜市営地下鉄のセンター北駅から徒歩5分ほどの立地。車であれば、第三京浜の都筑ICから約3kmという立地。周囲にはショッピングセンターがたくさんあるので、家族で訪れたら1日楽しめるオススメスポットです。

横浜市歴史博物館 利用案内
毎週土曜日は高校生まで無料!




日本の歴史はこんなにある!長ーい年表がその歴史を物語る!


まずは壁一面に記載された長ーい年表が私たちを歓迎してくれます。原始時代から現代に至るまで。




源頼朝さんもドヤ顔( ^∀^)でたたずんでいます。




あれ、鎌倉幕府は1192年になっている。変わったはずでは。まぁいいか。

asahi.com:中学校の歴史 1192は違うの?鎌倉幕府成立 – 教科SHOW – 小中学校 – 教育


原始時代から近現代まで展示物は盛りだくさんで興奮しまくる!


展示物コーナーは原始時代から始まり、近現代へと続きます。

展示物も盛りだくさんで、係りの人が丁寧に説明をしてくれたりと歴史好きにはたまらないゾーンです。

おっと、いきなりナウマンゾウの骨が登場しました。まさにナウマンゾーン。




縄文土器です。縄文時代というと、今から約1万6000年前から3000年前の時代を指します。そんな昔からこれだけのモノを作っていたとは驚きです。胸が土器土器です。




埴輪です。ハンムラビ法典にもありますね。「目には目を、埴輪ハオ」と。はに丸とひんべぇを思い出しました。





そして我がいとしのふるさと「横浜」の歴史を知ろう!


横浜に縁もゆかりもない方には関係のない話ですが、先に書いた通り、私は横浜大好き。横浜LOVEなのです。

今も横浜に在住する身。子どもたちと一緒に横浜の歴史を学びます。

横浜の名称のもとになった「横浜村」は室町時代に誕生していたのですね。はい、もうオヤジギャグはネタ切れです。




ゲームで歴史を学ぶこともできるんですよ。PCはDELLです。ここは日本のメーカーを使って欲しかった。




懐かしい歴史マンガもありました。これ子どもの頃にめっちゃ読んだなー。





さらには屋外には日本の古きよき時代の風景が現れる!


ここまでは館内での体験。

隣接する「大塚・歳勝土遺跡公園」にはなんと弥生時代の原風景が再現されているのです。

竪穴式住居です。洞窟は横穴式住居になるんですかね。




弥生時代ってこんな感じだったのでしょうか。おだやかな風景。
ちなみに私が小学校時代に交換日記をしていた女の子は弥生さんでした。だからどうしたこの野郎。




弥生時代とは違いますが、日本の古民家もあります。こういう雰囲気好きです。




室内には囲炉裏。こういったものを実際に見たことがない子どもたちには新鮮なようです。




この他に実際に火をおこす体験ができたり、レプリカではあるものの土器に触れることができたり。

私が子どもの頃はまだこの博物館はなく、おそらくここ10年以内でできたはずなのですが、こういった施設は大切にしていきたいですね。





今回の3P!!


教科書だけじゃダメ!モノを見て、触って、親子で一緒に語り合いながら歴史を学ぶべし!

でも大人もまだまだ知らないことだらけ!「へぇ、そうなんだ」の連続にワクワク土器土器しちゃうかも?

家を追い出されたら竪穴式住居に逃げ込むこともありではないか!いざ!竪穴!



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク