【男塾ファン必見!!】「OCN家計簿」改め「王獅獲塗華慶房」がハンパなく熱いぜ!!

Kure - Edajima Ticket

「男とはなんぞや」の問いにいまだ答えを出すことができない@nasukedotnetです。

以前に無料家計簿サービス「OCN家計簿」を紹介しました。

nasukedotnet » 我輩がjmatsuzaki さんが絶賛する「MoneyLook」を使わず「OCN家計簿」にこだわる理由

その「OCN家計簿」がとんでもなく男らしいサービスに生まれ変わりました。

その名はなんと「王獅獲塗華慶房」です。

スポンサーリンク



まずは男塾を知らない方のために紹介するのであーーる!!


男塾の正式名称は『魁!!男塾』といいます。
1985年から1991年の間、『週間少年ジャンプ』で連載されていた漫画です。

まさに私が子どもの頃に読んでいた漫画で名前の通り「」とはなんぞやをメインテーマに「友情」「仲間」「努力」「根性」などなどとにかく熱い熱すぎる作品なのです。

30代~40代ぐらいの男性にとってはまさにバイブル的な作品だったことは間違いありません。

魁!!男塾 – Wikipedia



その男塾がOCN家計簿とタッグを組んだのであーーる!!


OCN家計簿ユーザである私は日々の支出や資産をチェックするためにOCN家計簿のページを開きました。すると見慣れない、いや見覚えのある顔が目に入ってきたのです。




これは・・・・

男塾の江田島塾長ではないか・・・

そうなんです。かのバナーに収まりきらない存在感を放つ「」いや「」は男塾塾長江田島平八氏ではありませんか。

どんなことが起こるか想像もつかないまま、もうどうにでもなれと諦め、恐る恐るバナーをクリックしてみたところ・・・

とんでもないものが登場したー!!!!!!!!!!!!





男塾名物は健在なのであーーる!!


もう実際にページを見て頂ければ説明は不要。

男塾を知らない人には全く伝わらない内容ですが(笑)、かつて私の青春時代に熱い想いを叩き込んだ数々の男塾魂がこのページには散りばめられているのです。

欧米化が進み、あちこちで英語や横文字が目立つ昨今。
私たちは知らぬ間に漢字の持つ力を忘れてしまったようです。

「漢」の「字」と書いて「漢字」。

「漢」とは男の中の男を表す一文字。

景気が低迷し、元気のなくなった日本の活力を取り戻すにはこの江田島平八塾長と漢字の力が必要であることは間違いありません。


漢字の持つ力は偉大なのであーーる!!


実際にこの王獅獲塗華慶房のページで使われている言葉を紹介しましょう。

 カウンセリング

男塾ならこんなカタカナの生ぬるい表現は使いません。

 可運生輪愚

どうでしょう。悩んでたってしょうがない。小さなことは気にせず、待ち受ける困難に全力で立ち向かう気になりませんか?

 カレンダー

もう毎日のように見かけるこの言葉も男塾にかかればこうなります。

 可憐打亜

おおなんということでしょう。甘美かつ打倒アメリカを思わせるこの響き。欧米化の波に立ち向かうにはカレンダーなんてやわな言葉を使ってはいけません。

 プランニング

はい、計画的に行動することはとても大切なことです。でも、プランニングってどこか難しそうに思えませんか。これも男塾の力で

 譜欄忍倶

になります。もはや意味がわかりません。
でも、男たるもの常に高きを目指さなければなりません。そのときに必要なものは、プランニングではなく、譜欄忍倶なのです。

また、この王獅獲塗華慶房はiPhoneやAndroidのアプリ「Zaim」と連携しているのが特徴です。アプリなんてしゃれた響きは男塾には似合いません。アプリだって

 亜富利

ですよ。硬派じゃないですか。もし彼女にメールする機会があったら使いましょう。「俺、この亜富利入れちゃったよ」と。きっと彼女はあなたの男っぷりにメロメロいや雌露雌露になるはずです。

やはり王獅獲塗華慶房は凄いのであーーる!!


と男塾の話題ばかりで肝心なOCN家計簿の紹介ができませんでしたが、このページを見てもわかる通り、男塾並みに抜群な破壊力をもつ超オススメなサービスです。

わしが節約男塾塾長、江田島平八である!! 男塾流節約術を知れい!!OCN家計簿



出費の管理を見直したいという方はもちろんのこと、男らしく家計簿をつけたいという方はぜひこのOCN家計簿を使ってみてほしいのであーーる!!


今回の3P!!


やはりOCN家計簿はとんでもないサービスだった!!

男塾を使ったマーケティングは局地的にグッとくる戦略だ!!

でも男塾塾生は絶対に家計簿つけるような人はいない!!(笑)


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク