美味しい野菜は地元で仕入れろ!野菜嫌いにもオススメしたい直売所の魅力!

Vegetables - North Sydney Farmers Market

両親が八百屋なのにずっと野菜が大嫌いだった@nasukedotnetです。

GWの休日はいかがお過ごしですか?

お仕事の方もたくさんいらっしゃると思いますが、普段の休日よりほんの少しゆとりがあるのが大型連休の魅力。

地味に料理好きな私は、地元の野菜を仕入れるためJA横浜の直売所にGOひろみしてきました。

スポンサーリンク



JAの直売所って何だ?


直売所は文字通り、生産者(農家)の方々自身が自ら販売営業する店舗のこと。
その中でもJA(農業協同組合)が中心となって活動しているものを指しています。

特徴としては、

・直売所は農家が自信を持って売っている一級農産物
・朝採り野菜はうまい!
・全国の直売所で一番の売れ筋はトマト。流通物との違いは完熟
・地域の土質や気候に適した野菜、果物はうまい
・地域独特の食文化を売っている


といったところ。食の安全が叫ばれる中、安心、安全、安価を満たす直売所は生活者である私たちにはありがたい存在です。

もちろん、横浜以外にも直売所はたくさんあります。詳しくは「直売所ドットコム」から調べてみましょう。

全国の農産物直売所情報サイト 直売所ドットコム





直売所ってどんな雰囲気なの?





私が訪れたのは、JA横浜の「都筑中川農産物直売所」という場所。通称「ハマっ子」です。ちなみに女優の浜木綿子さんとは一切関係ありません。




今回は旬の竹の子祭りが開催されていました。




地方の伝統的な祭りとしてありがちな、ふんどし姿の若い衆が竹の子を投げあったり、若い女性が巨大な竹の子にまたがったりといった荒々しい祭りではありません。要するに竹の子フェアです。

中に入るとまさに竹の子の里状態。写真では値段がわかりませんが、この大きな竹の子が500円ぐらいで買えるんですよ。超安いよね~☆いい感じ♪




他にも市内で採れた新鮮な野菜がたくさん販売されています。値段もスーパーより安いです。地場の野菜だから美味しい、安全だと断言はできませんが、生産者も明記され、まさに顔が見える商品は安心感がありますよね。







購入した竹の子で煮物を作りました。料理の腕前は別として、竹の子自体は柔らかくて美味しかったですよー!




JA横浜について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。

おいしい横浜情報局 | JA横浜




今回の3P!!


新鮮な野菜は野菜嫌いな私が食べても美味しい!美味しい野菜は子どもの野菜嫌い解消にもつながる!

地域の農産業を支えるのはそこに住む私たち!地場野菜を購入して地域を盛り上げよう!

特に朝市はイイものを販売している確率が高い!まさに早起きは三文の徳!朝一は朝市に!



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク