[古本買取] ラクでオトクで納得感のある『livedoorリサイクル』の魅力



最近ブログが迷走をし始めた@nasukedotnetです。

家の中を片付けたい。不要なモノを処分したい。

ということでまずは手始めに本を処分することにしました。


スポンサーリンク



いらない本を処分するにはどうする?


みなさんは本を処分するときはどうしていますか?

・ゴミとして捨てる

・知り合いに譲る

・何らかの方法で売る

選択肢としてはこのぐらいでしょうか。

捨てるのがいちばん手っ取り早いのですが、私が住む地域は紙ゴミの回収は週1日。タイミングによっては「待ち」が発生します。これじゃ家の中が片付かない。

次に知り合いに譲る。これもすぐ渡すことができればいいですが、そうでないと本は部屋に積んだまま。これも家の中が片付かない。

よし、仕方ない。古本屋さん(某:本を売るなら○○クオフとか)に持ってくか。これはすぐ片付く。でも、面倒くさい。

そんな怠け者の私が選択したソリューションが『livedoorリサイクル』です。


livedoorリサイクルは何がいいの?



livedoorリサイクルは名前の通り、livedoorが運営するオンラインのリサイクルサービスです。

中古の本やCD、DVD、Blu-rayなどを買い取ってくれるサービスです。特徴は、

・10点以上から買取が可能!
・インターネットで申し込めば指定した場所に集荷に来てくれる!
・集荷の費用はもちろん無料!
・集荷した本は1冊ごとに買取金額がわかる!
・集荷から査定、支払いまでトータルでスピーディー!

といったところ。

同じようなサービスはブックオフなども行なっていますが、1冊ごとの明細が出るのはこのlivedoorリサイクルだけ。

過去にブックオフのサービスも利用したことがありますが、査定金額はlivedoorリサイクルの方がずっと高いです。

ちなみに明細はこんな感じで出ます。普通の本なら定価の10分の1ぐらいでしょうか。



というわけで、いらない本をラクにオトクに納得できる形で処分したいという方、livedoorリサイクルを強くオススメします。




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク